iPadOS15,9月20日より提供開始.おすすめ機能は「ウィジェットとAppライブラリでiPadを整理してパーソナライズ」だった.

E-learning and online courses
Photo : iStock by Getty Images

今回リリースされた新機能のなかで,個人的に一番よかったのは「ウィジェットとAppライブラリでiPadを整理してパーソナライズ」だった.

何がよかったのかというと,iPhoneとiPadの環境(アプリの配置)をほぼ同じにすることができるから.

2021年9月20日,iOS 15iPadOS 15がリリースされた.

それぞれリリースされた新規のは,ざっと下記のとおり(すべてApple公式のNewsroomからの引用).Safariでウェブブラウジングがしやすく再設計されたり,メモやマップや天気アプリがさらにつかいやすくなったりと,iOS 14(またはiPadOS 14)から順当な進化を遂げている.

iOS 15の新機能
  • より自然なFaceTime通話のための拡張
  • メッセージでつながり続けるためのさらに多くの方法
  • その日集中すべきことを見つけるためのパワフルなツール
  • 通知の新鮮なこれまでにないデザイン
  • デバイス上の通知が「テキスト認識表示」,高度なSpotlight検索,メモリーを提供
  • 再設計されたSafariのブラウズ
  • Appleマップでナビゲートして探索
  • 新しいキーと州発行の身分証明書がAppleウォレットで利用可能に
  • 再設計された天気アプリケーション体験
  • メモアプリケーションでの生理とコラボレーション
  • プライバシーコントロールの追加
  • その他複数の機能
iPadOS 15の新機能
  • マルチタスクとキーボードショートカットでより多くのことができるように
  • ウィジェットとAppライブラリでiPadを整理してパーソナライズ
  • 「クイックメモ」で考えを記録してタグを整理
  • より自然なFaceTime通話のための機能強化
  • 集中するためのツールと,通知の新鮮な新しいデザイン
  • デバイス上の知能が新しい写真の機能や高度なSpotlight検索を実現
  • コミュニケーションのための新しい方法を備えた翻訳アプリケーションがiPadに登場
  • プライバシーコントロールを追加
  • その他複数の機能

これまでのiPadOSは,アプリを「ホーム画面から取り除く」ことができなかった.なので,iPhoneのホーム画面を1ページにまとめている人のように,極端に表示するアプリを絞り込んでいる場合,iPhoneとiPadの環境を同じにすることが難しかった.

この度「ウィジェットとAppライブラリでiPadを整理してパーソナライズ」がiPad OSにも実装されたため,あまり使わないアプリは非表示にしておくことができ,iPhoneとホーム画面の配置を揃えることが可能になった.

iPadOS 15のリリースで,ついにiPadでも「ホーム画面から取り除く」ができるようになった.

iPhoneとiPadの環境(ホーム画面のアプリの配置)を揃えておくと,それぞれのデバイスで操作効率が上がる.そして,ゲームやSNSなど,時間をついつい奪うアプリをホーム画面から取り除くと,本当に自分がやりたいことに時間を使うことができる.

人間は簡単にできることは,ついつい手を伸ばしてしまう性質を持っている.そのため,悪い習慣(長時間のゲームや,目的なく眺めるSNSなど)は障壁を設けることで改善できる,と言われている.

iPad OSでもアプリの非表示が可能になったので,この機会に本来iPadでやりたかった作業用のアプリだけでホーム画面を整理し,それ以外のアプリは非表示にしておきくとよいだろう.それに何より,「ホーム画面が一つ」のiPadはかっこいいのだ.

〈了〉

iPadの画面をiPhoneと揃えておくと,様々なメリットがある.

SourceNotes

Advertisements

シェアありがとうございます!