iPhone 天気アプリ yahoo!天気の雨雲ズームレーダーがおすすめ

iphone-app-weather-yahoo-1


天気アプリは、何を使っていますか?

天気系アプリは、とても沢山あるので何を利用するかつい悩んでしまいますよね!?

筆者がメインで利用しているのは、

  1. iPhone純正の天気アプリ
  2. LINE天気アプリ

の2つでした。

この2つのアプリである程度の機能は網羅できていたのですが、時間ごとの短期予報はイマイチ満足できていませんでした。
どちらのアプリも1時間単位(LINE天気は3時間ごと)での予報しか出来ないためです。

通常の生活では特に困らないのですが…

  • 突然のゲリラ豪雨…すぐに止むのかな?
  • 電車を降りたら結構雨が…でもあっちの空は明るいけど…

といった、すぐ先の予報を知りたい場合の使い勝手が良くないところが欠点です。

ヤフー天気の雨雲レーダーがすべてを解決

この「ちょっと先の正確な天気が知りたい」という要望に答えてくれたのが、Yahoo!天気アプリの雨雲ズームレーダーという機能です。

雨雲ズームレーダーは、5分単位でこれから先の雨雲の動きを知ることができる大変便利な機能です。

5分単位での天気を知ることができるので、さっきのような場合も

  • 10分で止むならこのまま雨宿りしよう
  • 30分後も雨が降り続くなら傘を買おう

といった判断を的確にすることができます。

この記事では、Yahoo!天気アプリの雨雲ズームレーダーという便利な機能についてご紹介しています。



Yahoo!天気アプリをダウンロードしよう

iphone-app-weather-yahoo-2

PHOTO: iStock by Getty Images

まずは、App Storeからアプリをダウンロードしましょう。

検索で「yahoo!天気」や「yahoo」と入力するとすぐに見つけることができます。
(記事末のSourceNoteにアプリのリンクがあります)

アプリをダウンロードしたら、早速ログインします。

yahooのIDを持っていれば、すぐにログインできます。
お持ちでなければ、新規作成してください。

アプリにログインすると、トップ画面が表示されます。

画面下にタブが5つ表示されており、真ん中に「雨雲」というタブがあります。
これが雨雲ズームレーダーです。
(雨雲ズームレーダー以外の機能の紹介は割愛します)

yahoo_weather_2 yahoo-weather_3


yahoo!天気雨雲ズームレーダーの使い方

Smart Home Device - Home Automation

PHOTO: iStock by Getty Images

雨雲ズームレーダーのアイコンをタップすると、地図と雨雲の情報が表示されます。

画面上部にあるとおり、赤になるほど強力な雨雲が上空にあることになります。

画面に下部には、タイムラインが表示されています。
左の再生アイコンをタップすると、これからの雨雲の動きを知ることができます。

丸いアイコンで操作もできます。
雨雲の様子を知りたい時間まで、一気に移動することができます。

雨雲の様子は1時間前〜最大6時間後まで確認ができます。
(最近のアップデートで、1時間→6時間までふえました)

自分のいる地域のより詳しい情報を取得したい場合は、ピンチインやプラスボタンでズームすることもできます。

yahoo-weather_4

雨雲ズームレーダーの有効な使い方

しばらく使っていますが、短期的な予測ほど精度が高いように感じています。

5分後や30分後の雨の情報はかなりの確率で的中しています。

また、メニューから雨雲の接近情報の通知なども設定できるので、急な雨との遭遇も回避しやすいです。
(LINE天気のあめふるコールから、乗り換えてしまいました)

仕事で外出が多い方、徒歩や自転車での移動がメインの方にとっても、大変有効なアプリになると思います。
ぜひ使ってみてください。

SourceNote

  1. ヤフー天気:iTunes
  2. 画像提供: iStock by Getty Images

ヤフー天気のダウンロード(無料)はこちらからどうぞ

Yahoo!天気 – 雨雲の接近がわかる気象予報レーダー搭載アプリ – Yahoo Japan Corp.


iphone-app-weather-yahoo-1

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です