TPE(素材)とは?!

it-word-tpu-thermo-plastic-elastomer


この記事では、スマートフォンのケースなどによく利用される、TPE(素材)について解説しています。

TPE(素材)とは?!

iPhoneのケースなどで利用される素材に、TPEと呼ばれるものがあります。

TPEとは、熱可塑性エラストマーのことです。
英語で表記すると、Thermoplastic Elastomer(発音は、サーモプラスチック・エストラマー)。

Thermoplasticは、「熱可塑物質の」という意味で熱すると柔らかくなるものことを指します。
Elastomerは、「エストラマー」とはゴム弾性をもつ素材の総称です。

エラストマー(elastomer)とはゴム弾性を有する工業用材料の総称。
「elastic(弾力のある)」と「polymer(重合体)」を組み合わせた造語。
引用:ウィキペディア「エストラマー」より

これらの頭文字をとって、TPEと表記します。
前回紹介した、『TPU(熱可塑性ポリウレタン)』と同様、スマホケースの柔らかい部分などに利用されることがあります。

TPU(素材)とは?!

2018.09.25
it-word-tpu-thermoplastic-polyurethane-1

出所:WISDOM2アプリのスクリーンショット。

it-word-tpu-thermo-plastic-elastomer-1

出所:WISDOM2アプリのスクリーンショット。



TPEのメリット

TPEも、TPUと同じような特長を持っています。
熱を加えると加工がしやすくなるので、iPhoneなどのスマートフォンのケースでよく利用されます。

専門的なことなのであまり詳しく無いのですが、TPEとTPUは硬度が異なります。
TPUはTPEより硬度が高い。(=TPEのほうが柔らかい)

一般に、TPEの硬度はShoreA Scale 0〜100の範囲であり、TPUの硬度は通常Shore60A〜Shore70Dである。 つまり、TPUはTPEより硬度が高い。
引用:TPEとTPUの違い

TPEのデメリット

TPEは「熱可塑そ」という言葉からも想像できるよう、熱に弱いという弱点があります
そのためスマホのケースなどは、冬場のファンヒーターやストーブ・ドライヤーなどで変形してしてしまうことがあります。

熱源の近くには置きっぱなしにしないよう注意しましょう。夏場、炎天下の車内などに放置するのおすすめできません。

Sourcenote

この記事で紹介しているアプリ:WISDOM2(iOSアプリ)

ウィズダム英和・和英辞典 2 – 物書堂


it-word-tpu-thermo-plastic-elastomer