スタディサプリはじめました!!「ベーシックコースで小学校〜高校3年までの授業が見放題」

tablet at home


「小中学校くらいのの勉強を、イチからやり直したいなぁ」と、以前から漠然と考えていました。

理由は、大人になって義務教育の基礎を忘れていると困ることが多いからです。
例えば、スプレッドシートの数式を組む時に算数や数学の知識があると便利ですし、歴史の知識が仕事の現場で役に立つこともあります。

ということで、ちょうど1ヶ月くらい前から『スタディサプリのベーシックコース』に登録して、小学校4年の勉強からやり直ししています。(ちなみに、ぼくの年齢は37歳です)

結論から言うと、スタディサプリを使ってみて良かったと感じています。
今でも毎日アプリを利用し、多い日では2時間くらい授業を視聴しています。

ということで、スタディサプリ(ベーシックコース)を利用している感想や料金・使い方について書いていきたいと思います。
「スタディサプリってどうなの?!」という方の、参考になれば幸いです。




スタディサプリで学習できること

スタディサプリはどんなことができるのでしょうか?!

まずは受けることができる授業(視聴できる動画)について、簡単にご紹介します。
有料サービスにおいて、コンテンツの数や質はとても重要ですからね。

  • 小学校4年〜6年の4教科(算数・国語・理科・社会)
  • 中学校の5教科(英語・数学・国語・理科・社会)+高校受験対策
  • 高校1年〜3年の5教科(英語・数学・国語・理科・社会)+センター試験対策+志望校対策
  • 資格対策講座(英検対策講座・TOEIC対策講座・公務員試験対策講座)
  • 未来の教育講座(プレゼンテーションの技術・WEBデザインプログラミング・メディアアート講座…など)

このようにスタディサプリ(ベーシックコース)では、小学校4年から高校卒業(大学受験)までの勉強ができます。

また学校の勉強以外に、プレゼンテーションやプログラミングの講義が受けれるのもポイントです。
藤原和博さんの『よのなか科の講義』は、スタディサプリに登録したらぜひ見てほしいコンテンツのひとつです。

アプリを使って移動中や外出先で学習できる

スタディサプリは、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットを使って学習ができます。
というより、モバイルに最適化されているので、パソコンよりもスマホやタブレットの方が使いやすいです。

勉強している授業は「マイ講座」に登録しておけば、アプリから簡単に再生できます。
視聴履歴もきちんと残るので、「あれどの授業まで受けてたっけ??」ということにもなりません。

動画はダウンロードができるので、移動中や外出先などインターネット環境がないところでもモバイルで見ることができます。

マルチタスクで音声を聴くことができる

スタディサプリの講義は、アプリのバックグラウンド再生に対応しています。
他のアプリを使いながらや、スマートフォンをスリープしていても音声だけを再生することが可能です。

例えば、歩きながらラジオ感覚で授業を聞いたり視聴中に気になったことがあれば他のアプリで調べたりすることができます。
ゲームアプリで遊びながら授業を聴く、といった裏技も。(親であればやってほしくないかもしれませんが…)

モンストで遊びながら、他のアプリのBGMを聴く【Spotify・Apple Music・スタディサプリ】

2018.07.31

学習状況を確認することができる

スタディサプリには、サポートWebの「まなレポ」という機能があります。
この機能はを使えば、お子さんの学習状況やアプリの利用履歴を細かく確認できます。

毎回「ちゃんと勉強してる?」といった確認が不要なので、親子でストレスを感じることもありません。
子供のときって「勉強しなさい」と言われるほど、勉強しなく無くなってしまいますからね。

テキストを使った勉強もできます

スタディサプリでは、授業ごとに無料のテキストが用意されています。

アプリの場合、動画の再生画面の下に「テキストを開く」という項目があります。
ココをタップすると、授業の要点をまとめたテキストを表示することができます。

テキストはそのまま端末にダウンロードできるので、他のアプリで利用することもで可能です。
例えば、テキストをノートアプリにダウンロードして、授業を見ながらデジタルノートを取れたりします。

ぼくは『NoteShelf 2』というアプリを、スタディサプリと一緒に使っています。
スタディサプリのテキストをアプリにダウンロードし、授業を聴きながらデジタルメモを取るとより講義の中身が頭に入ります。

この科目はしっかり勉強したいという場合は、テキストを上手く使うとよいでしょう。

紙のテキストを購入することも

「ノートを取るなら紙がいい!!」という人は、テキストをプリンタで印刷して使うとよいでしょう。

また、有料テキストも講座ごとに購入できます。
実際に購入したことは無いのですが、教科書のようなでより深い学習ができそうなテキストでした。

公式サイトからPDFの試し読みができるので、テキスト購入を検討中であれば一度チェックしておきましょう。

スタディサプリ公式:「テキスト」+「講義動画」で学習効率をあげる。



月額料金やコンテンツの特長

ご紹介したように、スタディサプリは勉強にもってこいのサービスです。
リクルートさん、流石♪

これだけ便利なサービスですが、月額はたったの980円です。
ここからは、気になる利用料金と無料体験期間について紹介します。

  • スタディサプリの月額は?? >> 980円です。(または年額9,800円)
  • いきなり有料サービスを使うのは抵抗が… >> 14日間の無料体験期間があります。

スタディサプリは月額980円で利用できます

スタディサプリのベーシックコースは、月々プランと12ヶ月プランの2つが用意されています。

  1. 月々プラン…月額980円
  2. 12ヶ月プラン…年額9,800円

それぞれ、↑の金額で利用できます。
もちろん、どれだけ授業を見ても金額は変わりません

料金は、12ヶ月プランがお得で約2ヶ月分安価に利用できます。
後述しますが、14日間の無料お試し>>980円の月々プラン>>12ヶ月プランと、利用状況によってアップグレードしていくのがおすすめです。

支払い方法

スタディサプリは、「キャリア決済」「クレジットカード決済」「コンビニ決済」が利用できます。
テキスト冊子の決済は、クレジットカード、コンビニ払いのみ対応しています。

14日間の無料体験期間があります

現在スタディサプリは、14日間の無料体験期間があります。
サービスが合わない場合、14日以内に解約すれば料金は一切かかりません

無料体験の注意点
14日間の無料体験ができるのはクレジットカード決済のみです。無料体験を受けたい場合はクレジットカードで登録を行ってください。

入会金・解約金はゼロです

スタディサプリは、入会金・解約金ともにゼロです。
その他の手数料なども一切かかりません。

ぼくの使っているベーシックコースの場合は、契約時も解約する時も月額980円だけの支払いでOKです。

まとめ

スタディサプリを使い始めてから1ヶ月。
今でも、毎日アプリを開いて勉強を続けています。

最近勉強しているのは、小学校の歴史の授業です。
講師の方の教え方も上手く、楽しく勉強することができています。

ちなみに今日は、日本3大随筆について勉強しました。
日本3大随筆とは、『徒然草』『方丈記』『枕草子』のことです。

『徒然草』って、要は昔の人が書いた雑記ブログのようなものなんですね。
冒頭の「つれづれなるままに~」というのは、現代語に訳すると「暇だから日常生活で面白かったことを書いていきます〜」という意味らしいです。

何百年も前に書かれた古典も、↑のような視点で読み直すと勉強にもなるし面白いものです。
思わず、徒然草と方丈記を本屋で買ってしまいました。

スタディサプリの授業内容が気になる方へ

以下はYouTubeで公開されている、スタディサプリで人気の神授業の動画です。
授業の品質が高く、自分のペースに合わせて勉強できるのはWebサービスならではです。

登録する前に授業の内容を確認したい人は、YouTubeのスタディサプリチャンネルで講義の内容を確認してみるとよいでしょう。

SourceNote

スタディサプリ
の登録はこちらからどうぞ【広告】



スタディサプリ 高校講座/大学受験講座 – Recruit Co.,Ltd.


tablet at home