【Googleスプレッドシート】メンテが楽な自動番号の設定「ROW関数」「COLUMN関数」

google-spreadsheet-auto-number-function-row-how-to


Googleスプレッドシートで、セルに連続した番号を入力したい。

そんな時、どうやって入力していますか?
多くの人は、1,2…と番号をふって右下をダダダーっとドラックしていると思います。

この方法は早くて便利なのですが、メンテナンス性を考えるとおすすめではありません。
だって、後からシートの行を削除したら番号をつけ直さないといけませんからね。

そこで今回は、そうならいための簡単な方法を書いていきたいと思います。
スプレッドシートで連続した番号を、よく利用する人はぜひ覚えておきましょう。




基本的な連続した番号を入力する時の方法

冒頭でも少し紹介しましたが、よく利用される方法はドラックして番号を入力するワザです。

下図のように、1,2と番号をセルに入力したら、あとは右下にマウスを合わせてダダダーっとドラックして番号を増やします。

早くて便利なのですが、この方法はメンテナンス性が良くありません。
行を削除したり追加したら、それ以下を書き直す必要が出てきてしまうからです。

google-spreadsheet-auto-number-function-row-column-1

出所:smatu.net
スプレッドシートで使われる、一般的な連続した番号を入力する方法。
1,2と数字を入力して、セルの右下をドラックして連続した番号を入力します。

google-spreadsheet-auto-number-function-row-column-2

出所:smatu,net
右下ドラックは、早くて原理なのですがメンテナンス性が良くありません。
行を追加、削除すると、それ以下を書き直す必要があります。



ROW関数を利用する

行を削除しても、自動で連続した番号が入力されるようにするためには、ROW関数を使用します。

行に自動で番号をふる場合
=row()-1

試しに、↑の関数をスプレッドシートの関数欄に書いてみましょう。
行の番号から1を引いた数字が、セルに自動で表示されるようになったと思います。

google-spreadsheet-auto-number-function-row-column-3

出所:smatu.net
例:B3のセルに『=row()-1』を入力すると、3から1を引いた「2」が自動で表示されます。

ROW関数の入力式は

ROW関数の入力式
=row(範囲)

というものです。

範囲の部分を省略した場合、入力したセルの行番号が返されるという特長があります。
そのため、「=row()-数字」をいう関数を利用することで、メンテナンスが楽な連続した番号の入力が可能となります。

ROW関数を使った実際のスプレッドシートのつくり方

ROW関数の入力式
=row()-数字

↑の「数字」の部分には、見出しや空白用のセルを考慮した数字を書く必要があります。

例えば下図の用に、

  • 1行目…余白用の空白セル
  • 2行目…見出し部分
  • 3行目から連続した番号を入力

という場合は、数字の部分は「2」を入力します。
3(行目)から2を引くと、1になりますね。

このように、柔軟に自分の作ったスプレッドシートに合わせた数字を入力できるようになっておきましょう。

google-spreadsheet-auto-number-function-row-column-4

出所:smatu.net
「余白」や「見出し」の数に応じた数字を、ROW関数の値の欄に設定します。

列に自動で番号をふる場合は「COLUMU関数」を使います

ROW関数では、行(縦方向)に自動で番号をふることができます。
列(横方向)に自動で番号をふりたい場合は、「COLUMU関数」を利用します。

COLUMU関数は

COLUMN関数の入力式
=column(範囲)

という入力式です。

rowのときと同様、以下のように関数を書きます。

列に自動で番号をふる場合
=column()-数字

数字の部分には、余白や見出しを考慮した数値を入力しましょう。

google-spreadsheet-auto-number-function-row-column-5

出所:smatu.net
列に番号を自動でふりたい場合は、COLUMN関数を使います。
書き方は、『=column()-数字』です。

SourceNote


google-spreadsheet-auto-number-function-row-how-to