【FastEver】撮影した画像をカメラロールに残す方法・残さない方法

fastever-evernote-app-setting-save-to-camera-roll-how-to


Evernoteを使っている全員におすすめしたいほど、お気に入りのアプリ『FastEver』。

今日はこのアプリの設定について少し書いていきたいと思います。
タイトル通りの内容ですが、FastEverで撮影した画像をiPhoneのカメラロールに残しておく方法と、残さないための設定方法です。

FastEverは非常に便利なアプリなので、こんな感じで少しづつ普及に尽力したいと思います。

ということで、FastEverユーザーの方や、FastEverが気になっている人の参考に少しでもなれば幸いです。





FastEverで撮影した画像をカメラロールに残す方法・残さない方法

evernote-memo-app-fastever2-how-to-1

Stefan Ilic/PHOTO: iStock by Getty Images

FastEverの設定は、アプリの左上に表示されているFastEverのアイコンから変更することができます。

ここ。ただのロゴと思われているので、タップしたことない人って意外と多いのでは無いでしょうか?!

アイコンをタップすると「下書き」「設定」の2つのメニューが表示されるので、「設定」をタップしましょう。
これで設定画面に移動することができます。

あとは「カメラロールに保存」という項目のON/OFFをタップで切り替えるだけです。

  • ON=FastEverで撮影した画像がカメラロールに保存される
  • OFF=FastEverで撮影した画像がカメラロールに保存されない

デフォルトではONになっているため、FastEverで写真を撮ると自動的にiPhoneのカメラロールにどんどん保存されていきます。

「Evernoteに送るから、毎回カメラロールには保存しなくてもいいんだけど…」という人は、設定をOFFにしておくとよいでしょう。

fastever-evernote-app-setting-save-to-camera-roll-how-to-1

出所:smatu.net
FastEverのアイコンから設定に進み、カメラロールへの保管の有無を選択できます。デフォルトではONになっています。



FastEverは、こんな人におすすめのアプリ

ちなみにぼくの場合は、FastEverで撮影した画像もTwitterで使ったりするのでONにしています。
この辺は、スマホの使い方によって人それぞれだと思うので、自分にあった設定にしておきましょう。

FastEver。
とても便利なアプリなので、気になる人はぜひ使ってみてください。

ちなみに有料(480円)です。
シンプルな機能のアプリなので、最初は「ちょっと高いんですけど…」と感じるかもしれませんが、FastEverはメモがとても楽しくなるアプリです。

「ライフログ」、「Evernote活用」「人生全部をデジタル化」…。こんなテーマやキーワードが好きな人、購入しても損はさせません。

『FastEver』、それは「Evernoteが重い…」と感じているすべての人への最適解。

2018.07.08

SourceNote

FastEver 2 – rakko entertainment


fastever-evernote-app-setting-save-to-camera-roll-how-to