『FastEver』、それは「Evernoteが重い…」と感じているすべての人への最適解。

evernote-memo-app-fastever2-how-to-1


スマホのメモアプリは、長年Evernoteを使っています。

Evernoteはメモの検索も簡単で、機能も豊富なため自分の好みに合わせた使い方ができます。
また、色々なアプリと互換性のあるので、その点にもメリットを感じています。

例えば、

  • 日経電子版アプリの記事が簡単にクリップできる
  • Feedlyからワンタッチで記事をEvernoteに保存できる

といったように、日頃の気になるニュースを保存しておくのにも重宝しています。

しかし、そんな便利なEvernoteにも欠点が…。
それは、アプリの起動や、メモを入力する時の動作が微妙に重たいことです。

メモは思いついた時にサッととりたいものなので、入力が重たいとイライラしてしまします。
「Evernoteの入力が重たい」と悩みを抱えている人に、今回は『FastEver』というアプリを紹介します。

有料アプリですが(記事執筆時点では480円)、Evernoteの欠点である入力時のモタモタを完璧に解消してくれます。
その他、便利な機能もいくつかあり、使い始めると手放せないアプリになると思います。

ということで今回は、Evernote用の入力アプリ『FastEver』について書いていきます。




FastEverを勧める理由は、とにかくアプリが「軽いこと」

Falling in motion.

g-stockstudio/PHOTO: iStock by Getty Images

Evernoteは便利なアプリですが、メモを入力する時の動作が重たいという欠点があります。
恐らく、起動時にサーバーと同期するのが原因になっているのでしょう。

そこでおすすめなのが『FastEver 2』というアプリです。
(現在は「2」がリリースされていますが、記事内ではFastEverと記載します)

FastEverの何が良いのかというと、動作がとても軽いこと。
メモを入力したいとき、パッと起動してサッとメモを取ることができます。

evernote-memo-app-fastever2-how-to-2

出所:AppStore
今回紹介する『FastEver』アプリのスクリーンショット。とにかくメモが軽いのが素晴らしい!!

Evernoteアプリの3Dタッチ起動と比較しても圧倒的に軽い

FastEverを勧めると「Evernoteは、3Dタッチで起動できるから十分早いよ」と反論されることがあります。

これはFastEverを使ってみないと実感できませんが、Evernoteの3Dタッチからの入力より、FastEverからの入力の方が圧倒的にストレスが少ないです。

Evernoteは3Dタッチからメモを起動しても、3Dタッチ>>新規ノートをタップ>>アプリが起動>>Noteが新規で作成>>入力といくつかの動作をはさみます。
またアプリ起動から新規ノート作成までに、ラグも発生しやすいのも難点です。

しかしFastEverは、アプリを起動>>即メモを入力と非常にシンプルです。
ここは専用アプリの圧倒的な強みだと感じます。

日頃、3Dタッチを使ってメモまでの時間を短縮しようとしている人にこそ、FastEverはぜひ使ってほしいアプリだと思います。

evernote-memo-app-fastever2-how-to-3

出所:smatu.net
EvernoteのiOSアプリを3Dタッチで起動している時のスクリーンショット。
本家Evernoteアプリと比較すると、起動〜メモの入力までの速度がまさに神です。



便利な機能「タイムスタンプ」と「ロケーションスタンプ」

Professional Expertise, Expert Advice.

Olivier Le Moal/PHOTO: iStock by Getty Images

FastEverには、アプリが軽いこと以外にもおすすめポイントがいくつかあります。
それが「タイムスタンプ」と「ロケーションスタンプ」の機能です。

これは、FastEverのアイコンをタップすると、メモを書いた時間や位置情報を簡単に追記できる機能です。

タイムスタンプの使い方

アプリにある時計のマークをタップすると、一瞬でメモを書いている日時がノートに追加されます。

タイムスタンプの日付の入力形式は4つのパターンから選択できるので、好きな入力形式に設定しておきましょう。
ぼくの場合は、メモの情報として曜日も重要なので「曜日+日付形式」にしています。

タイムスタンプの入力形式は、メニューアイコン>>「設定」>>「タイムスタンプ書式」から設定できます。
また、時間の入力形式は「秒までは不要」という人が多いと思うので、一般的な「時間:分の形式」にしておくとよいでしょう。

evernote-memo-app-fastever2-how-to-4

出所:smatu.net
FastEverのスクリーンショット。時計のアイコンをタップすると、メモにタイムスタンプを追加することが出来ます。

ロケーションスタンプの使い方

タイムスタンプと同じように、マップのアイコンをタップするとノートに位置情報を簡単に追加できます。
住所だけでなく、近くの施設から位置情報を選ぶことも可能なので、こちらの機能も活用するとよいでしょう。

FastEverを使うようになると、なんでもEvernoteにメモをとりたくなってしまいます。
これは非常に良いことです。

メモをたくさん取るようになると、「あれ!?このメモなんだっけ」となることも多いのですが、この時にタイムスタンプやロケーションスタンプを押しておくと記憶をたどりやすくなります

evernote-memo-app-fastever2-how-to-5

出所:smatu.net
タイムスタンプと同様、マップのアイコンをタップすると、一瞬でロケーションスタンプをメモに追加できます。

便利な『ダークモード』と…エトセトラ

night couple in bed using mobile phone relationship communication problem

OcusFocus/PHOTO: iStock by Getty Images

FastEverには、ダークモードも用意されています。
本家Evernoteにダークモードが搭載されていないことから、この点でもFastEverは優れていると言えます。

映画館や寝室…といった暗い場所で、ふとメモをとりたくなった時もダークモードにしておけば周囲に迷惑をかけずにメモできます。
「とにかくどこでもメモしたい」という人は、FastEverをダークモードにしておきましょう。

ダークモードの設定も、「メニューアイコン」>>「設定」>>ダークモードの順で進み、スイッチをONにするだけで簡単に設定できます。

evernote-memo-app-fastever2-how-to-6

「メニューアイコン」>>「設定」>>「ダークモード」でスイッチをONにすると、ダークモードに変更することができます。

写真をメモしたい時は3Dタッチを使う

Evernoteを使っていると、写真や画像をメモしたいという場面も沢山あることでしょう。
そんな時でも、FastEverからの入力が便利です。

3Dタッチに対応したiPhoneであれば、FastEverのアイコンを強く押し込むことでカメラが即座に起動します。
ここでも本家Evernoteより起動が軽いので、大切なシャッターチャンスを逃すこともありません。

同様の操作で、カメラロールの画像やロケーションスタンプからも瞬時にメモを起動することが可能です。

evernote-memo-app-fastever2-how-to-7

出所:smatu.net
3Dタッチに対応したiPhoneであれば、FastEverのアイコンをぐぐっと押し込むことで、即座に写真メモを作成できます。

SourceNote

FastEver 2 – rakko entertainment


evernote-memo-app-fastever2-how-to-1