【コメダ珈琲】『コメダの豆菓子』のすべて。

komeda-coffee-menu-original-bean-snack-1pack-20packs-100packs-1


1週間ほど京都に行ってきました。

出張先の近くと、宿泊先ホテルの1階、どちらにもコメダ珈琲があったので、4日間連続で入り浸っています。
この記事も、閉店間際のコメダ珈琲で書いています笑

komeda-coffee-menu-original-bean-snack-1pack-20packs-100packs-2

連日コメダ珈琲に通い、すっかりファンになってしまいました。

さて、コメダ珈琲に連日通うことで、すっかりコメダの豆菓子ファンになってしまいました。
コメダ珈琲の豆菓子といえば、超有名ですよね??

そうです、コーヒーなどドリンクを注文するとついてくるアレのことです。
季節ごとにパッケージのデザインが変わったりするので、SNSでも定期的に話題になっています。

コメダ珈琲の豆菓子がメニューとして販売されていることすら知らなかったのですが、コメダ珈琲に連日で通うことで豆菓子にちょっとだけ詳しくなりました。

ということで、この記事では『コメダ珈琲の豆菓子』について書いていきたいと思います。
あなたは、コメダ珈琲の豆菓子のすべて…知っていますか!?




【コメダ珈琲】の豆菓子には2つのサイズがある

Two metal balls balancing on a white balance beam

3d image of different balanced balls/PHOTO: iStock by Getty Images

コメダ珈琲の豆菓子。
公式サイトでは、「豆菓子」という名称(そのまま笑)で紹介されています。
もちろんコメダ珈琲で店員さんに「豆菓子ください」っと言っても、問題なく通じます。

komeda-coffee-menu-original-bean-snack-1pack-20packs-100packs-9

コメダの公式サイトでは『豆菓子』という名称で紹介されています。
出所:コメダ珈琲公式サイト

コメダ珈琲の豆菓子には、

  1. 小分けタイプ…通称「小サイズ」
  2. 通常タイプ…通称「中サイズ」

の2つが存在します。
更に小サイズが100個入った、まとめ売りまであります。(小サイズのまとめ売りについては後述します)

まずはコメダ珈琲の豆菓子には、2つのサイズがあることを理解しておきましょう。

豆菓子にまつわるエトセトラ

Seamless texture with legumes

Seamless texture with legumes on black background/PHOTO: iStock by Getty Images

コメダ珈琲の豆菓子は、調べれば調べるほど面白い情報が出てきます。
豆菓子に関する色々な小ネタ(豆菓子にまつわるエトセトラ)を、いくつか紹介します。

正式名称は『豆菓子(まめがし)』または『コメダの豆菓子』

まずは正しい呼び方について。
冒頭少し触れましたが、コメダ珈琲の公式サイトでは『豆菓子』と表記されています。

パッケージにも『コメダの豆菓子』と記載されているので、正式名称は『豆菓子』または『コメダの豆菓子』で良いと思います。

豆菓子
¥140
ドリンクをご注文いただいた際に提供させていただく豆菓子です。塩っ気がクセになります。

引用:コメダ珈琲公式サイト「お持ち帰り商品」より

komeda-coffee-menu-original-bean-snack-1pack-20packs-100packs-3

コメダ珈琲の豆菓子。
正式名称は、そのまま『豆菓子(まめがし)』もしくは『コメダの豆菓子』。


komeda-coffee-menu-original-bean-snack-1pack-20packs-100packs-4

中サイズのパッケージには『コメダの豆菓子』と記載されています。

『カロリー豆』と表記されていたこと?!

以下はネットの情報です。
時期や店舗によって変わるのかもしれませんが、豆菓子を『カロリー豆』と呼ぶこともあるようです。

この情報によると、追加注文したレシートには、「カロリー豆」と表示されます。
今回ぼくが注文したお店のレシートには『豆菓子』と表示されていました。

コメダ珈琲の豆菓子はおかわり自由(しかし有料)

コメダ珈琲では、コーヒーを注文すると豆菓子が添えられて出てきます。

この豆菓子「もうちょっと食べたいなぁ」というときは、おかわりすることもできます。
店員さんに「この豆菓子、追加でください」と注文してみて下さい。

「サイズはいかがしますか?」と聞かれるので、好きなサイズをオーダーしましょう。
ガッツリ豆菓子を食べたい時は、もちろん中サイズがおすすめです。

当然ですが…おかわりは有料です。
価格は、小サイズ…10円、中サイズ…140円となっています。
価格はどちらも税込、良心的ですね。

komeda-coffee-menu-original-bean-snack-1pack-20packs-100packs-5

豆菓子はおかわり自由。
しかし…有料です。

小分けタイプのパッケージは様々

小分けタイプの豆菓子には、様々なパッケージがあります。
今回購入したのは50周年記念のパッケージでした。

他にも、ハロウィン仕様、クリスマス仕様など沢山のデザインが存在しているようです。
来店ごとにパッケージをチェックするのも、コメダの豆菓子ファンとしての楽しみの一つです。

「小分けタイプ×100個入り」は1,000円で購入できます

小サイズの豆菓子は、なんと100個セットで購入することができます。
これには、かなり驚きました!!(しかしながら、コメダファンの間では常識のようですね。レジ横で常に販売している店舗もあるとか…。)

ネットにも「コメダの豆菓子、100個買った〜」といった情報がいくつもあったので、恐る恐る店員さんに「まとめ買いとかできますか??」質問してみました。
すると、当然のごとく…「100個入りありますよ〜」とさらっと答えが帰ってきました。

注文すると、1〜2分でコメダ珈琲の袋に入った豆菓子100個が手元に届きました。

すかさず店内で写真をパシャパシャ撮影し、インスタグラムに投稿。
フォトジェニックです。

komeda-coffee-menu-original-bean-snack-1pack-20packs-100packs-7

コメダの豆菓子(100個入り)。
これこそが、フォトジェニック。

お店によっては20個単位で販売していることも

豆菓子のセット販売は、お店によっても様々なようです。
今回訪れた別のコメダ珈琲では、20個セット(200円)がレジの横で販売されていました。

20個セットはやや小さめの袋に梱包されていました。
店舗で包装しなおして、販売することもあるようです。


komeda-coffee-menu-original-bean-snack-1pack-20packs-100packs-6

20個入りも並べてみると、なかなかインパクトがあります。



『コメダの豆菓子』はお土産や差し入れに最適

Man in suit offering gift with blue ribbon

Horizontal close up of Caucasian man in black suit and white shirt offering a cardboard gift box with blue large ribbon selective focus natural light/PHOTO: iStock by Getty Images

コメダ珈琲の豆菓子。
いつもコーヒーに添えられて出てきて、「意外と美味しいなぁ〜」といつも感じてましたが

  • 追加注文できること
  • お持ち帰り用があること
  • 小サイ・中サイズで販売されていること
  • 季節によってパッケージが変わること

などなど、全く知りませんでした。

出張先の近くにコメダ珈琲があったことから、かなり豆菓子について調べてしまいましたが、ここまでコメダの豆菓子が面白いとは思ってもみませんでした。

さて、この豆菓子。
お土産や差し入れとしてプレゼントすると、結構な確率で喜んでもらえることも特長です。
みんなコメダ珈琲の豆菓子が好きなんですね。

komeda-coffee-menu-original-bean-snack-1pack-20packs-100packs-8

選択肢はいくつかありますが、おすすめは断然100個入りです。

おすすめはもちろん「小サイズ×100個入り」。
100個あるので、大人数にも対応できるし、1人に対して複数個を配ることもできます。

来客用に自宅にストックしておいたり、職場のデスクに忍ばせておいてもよいでしょう。
バレンタインデーの「友チョコ」や、ホワイトデーのお返しの代わりに、「友豆菓子」もアリだと思います。

気になる人は、コメダ珈琲で勇気を振り絞って「豆菓子の100個入りください!!」と店員さんに注文しましょう。

SourceNote


komeda-coffee-menu-original-bean-snack-1pack-20packs-100packs-1