「iPhoneで夕日の中のシルエットを撮影する」iPhoneのカメラテクニック28選-24

iphone-photography-how-to-24


Apple JapanがYouTubeの公式チャンネルで、「iPhoneで撮影する」というシリーズ動画を公開しています。
Appleは「誰でも素晴らしい写真を撮ることができると、私たちは信じています。」とコメントしており、そのためのヒントとテクニックとして動画をなんと28個も!!作ってくれています。

この記事ではその動画の中から「iPhoneで夕日の中のシルエットを撮影する方法」を紹介します。

誰でも素晴らしい写真を撮ることができると、私たちは信じています。ここでは、iPhoneを使って一段と魅力的な一枚を撮影し、そして楽しめるように、いくつかのヒントとテクニックを紹介します。
引用:Apple




iPhoneで夕日の中のシルエットを撮影する方法

  1. 大量を背にして被写体を配置
  2. 画面を長押ししてフォーカスをロック
  3. スライドして露出を下げる
  4. そして、撮影。

この動画では、太陽光を使って被写体のシルエットをくっきりと浮き上がらせる、撮影方法が紹介されています。
iPhoneでカメラを使う場合、基本的に4つの光の当たり方を理解しておけば、撮影に困ることはありません。

  1. 順光(被写体の正面から当たる光)
  2. 逆光(被写体の真後ろから当たる光)
  3. 斜行(被写体の真横から当たる光。サイド光とも呼びます)
  4. 半逆光(被写体の斜め後ろから当たる光)

逆光の特長は、被写体は影になってしまいますが被写体の縁の部分が光を透過してくっきりすることです。
葉っぱや液体のように、光を透過しやすい被写体を撮影する時にもよく使われます。

SourceNote


iphone-photography-how-to-24