「iPhoneで動く被写体を撮影する」iPhoneのカメラテクニック28選-15

iphone-photography-how-to-15


Apple JapanがYouTubeの公式チャンネルで、「iPhoneで撮影する」というシリーズ動画を公開しています。
Appleは「誰でも素晴らしい写真を撮ることができると、私たちは信じています。」とコメントしており、そのためのヒントとテクニックとして動画をなんと28個も!!作ってくれています。

この記事ではその動画の中から「iPhoneで動く被写体を撮影する方法」を紹介します。

誰でも素晴らしい写真を撮ることができると、私たちは信じています。ここでは、iPhoneを使って一段と魅力的な一枚を撮影し、そして楽しめるように、いくつかのヒントとテクニックを紹介します。
引用:Apple




iPhoneで動く被写体を撮影する方法

  1. シャッターボタンを長押ししてバーストモードを使う
  2. 撮った写真を表示する
  3. お気に入りの写真を選択する

動く被写体の撮影は、iPhoneのバーストモード(連射機能)が便利です。
バーストモードでは、1秒間に10枚の写真を撮ることができます。
音量ボタンの長押しでもバーストモードで撮影できるので、好きな方を利用するとよいでしょう。

ちなみにiPhoneのバーストモードは、AssistiveTouchを使ってオフ(っぽく)することができます。
面倒なのであまりおすすめしませんが…どうしても連射をオフにしたい場合は「iPhone 連射 オフ」などで検索してみてください。

SourceNote


iphone-photography-how-to-15