「iPhoneでユニークなアングルから撮影する」iPhoneのカメラテクニック28選-17

iphone-photography-how-to-17


Apple JapanがYouTubeの公式チャンネルで、「iPhoneで撮影する」というシリーズ動画を公開しています。
Appleは「誰でも素晴らしい写真を撮ることができると、私たちは信じています。」とコメントしており、そのためのヒントとテクニックとして動画をなんと28個も!!作ってくれています。

この記事ではその動画の中から「iPhoneでユニークなアングルから撮影する方法」を紹介します。

誰でも素晴らしい写真を撮ることができると、私たちは信じています。ここでは、iPhoneを使って一段と魅力的な一枚を撮影し、そして楽しめるように、いくつかのヒントとテクニックを紹介します。
引用:Apple




iPhoneでユニークなアングルから撮影する方法

  1. 被写体を選ぶ
  2. 色々試してみる(カメラを傾けたり、見上げてみたり、しゃがんでみたり)
  3. そして、撮影。

動画を見て「これだけ??」と感じた人も多いかもしれませんね。(ぼくもそう思いました)
Appleさんにとっては、余計なお世話かもしれませんが少しだけ補足させていただきます。

カメラを構える位置には、4つのポジションがあります。

  1. ハイポジション
  2. アイレベル
  3. ウエストレベル
  4. ローポジション

上から順番に「カメラを持ち上げて構える」「カメラを目線の位置で構える」「カメラを腰の位置で構える(しゃがむ)」「カメラを地面すれすれまで下げて構える」です。

また、カメラを構える角度(アングル)は3種類です。

  1. ローアングル
  2. 水平アングル
  3. ハイアングル

こちらもそれぞれ「被写体を見上げる角度」「被写体と水平」「被写体を見下ろす角度」です。
4つのポジションと3つのアングルを様々に組み合わせて、あなただけのユニークな一枚を撮影しましょう。

いろいろ試してみることが、独自の写真を撮る秘訣です。
Apple

SourceNote


iphone-photography-how-to-17