Googleスプレッドシート 今日の日付に色を付ける(関数=×、条件付き書式=○)

Closeup of dates on calendar page planning


Googleスプレッドシートで今日の日付に自動で色を付けたい時は、関数ではなく条件付き書式を使います。

今から説明する方法で行や列に条件付き書式を設定すると、今日の日付のセルが自動で色付けされるようになります。
今日の日付を色付けする設定は、スプレッドシートを使ったカレンダーやガントチャートの作成に便利です。
スプレッドシートを使う機会が多い人は、覚えておくとよいでしょう。




スプレッドシートで今日の日付に自動で色を付ける

Office desk with business drawings

Office desk with business drawings
PHOTO: iStock by Getty Images

  1. 自動で色付けしたい行や列を選択します
  2. メニュー「表示形式」>>「条件付き書式」をクリックします
  3. 「条件付き書式設定ルール」のダイアログで、セルの書式設定の条件を「日付」「本日」と指定します
  4. 書式設定のスタイルで、背景色と文字色を設定します
  5. 「条件を保存」ボタンをクリックし設定を保存します

以上の操作で、今日の日付が指定した形式に自動で色付けされるようになります。

google-spreadsheet-date-is-today-conditional-formating-rules-1

自動で色付けしたい行や列を選択します。


google-spreadsheet-date-is-today-conditional-formating-rules-2

メニュー「表示形式」>>「条件付き書式」をクリックします。


google-spreadsheet-date-is-today-conditional-formating-rules-3

「条件付き書式設定ルール」のダイアログで、セルの書式設定の条件を「日付」「本日」と指定します。


google-spreadsheet-date-is-today-conditional-formating-rules-4

書式設定のスタイルで、背景色と文字色を設定します>>「条件を保存」ボタンをクリックし設定を保存します。


google-spreadsheet-date-is-today-conditional-formating-rules-5

条件付き書式の設定が保存され、今日の日付が自動で色付されるようになります。

言語設定が英語の場合

スプレッドシートの言語を英語で設定している人は、以下の内容で変更できます。

「Format」>>「Conditional formatting」の順で進みます。
「Conditional formatting」を「Date is」「today」に変更して「Save rules」で設定を保存します。



色が変わらない時の対処方法

accounting concept, writing in spreadsheet of financial report

accounting and financial planning/PHOTO: iStock by Getty Images

セルのデータ形式が「日付」でないと、正常に色が変更されません。
設定しても色が変わらない場合は、以下の項目を確認してください。

セルの数値が「日付」になっているか確認する

日付を入力しているセルに、マウスを合わせます。
メニュー下にある数式バーのデータが「yyyy/mm/dd」形式になっているかを確認します。

google-spreadsheet-date-is-today-conditional-formating-rules-7

メニュー下にある数式バーのデータが「yyyy/mm/dd」形式になっているかを確認します。

データ形式を「日付(yyyy/mm/dd)」に変更する

セルのデータを、日付形式に変更します。
「表示形式」>>「数字」>>「日付」の順でクリックし、データを日付形式に変更してください。

google-spreadsheet-date-is-today-conditional-formating-rules-6

「表示形式」>>「数字」>>「日付」の順でクリックし、データを日付形式に変更してください。

yyyy/mm/ddの表記について

  • y=Year(年)
  • m=Month(月)
  • d=Day(日)

の頭文字をとった表記です。
“YYYYMMDD”方式と呼ばれています。

日付の世界標準規格は、ISO 8601の”Data elements and interchange formats — Information interchange — Representation of dates and times”(JISCによる仮訳:「データ要素及び交換書式-情報交換-日付及び時間の表現」[3]である。

ISO 8601(1988年)では、”YYYY-MM-DD”方式(年・月・日の順番で、紀年法による西暦(CE)で年を数字4桁、月と日とを各々数字2桁で表す方式[4])と定められている[5]。

年月日を8桁の数字で表す、YYYYMMDD、YYYY-MM-DD、YYYY年MM月DD日、yy年MM月DD日(yは元号での年1桁)、YYYY/MM/DD というようなフォーマット(様式、形式)には、日付の降順あるいは昇順で簡単にソートできるという利点がある。
引用:ウィキペディア「日付」より

SourceNote


Closeup of dates on calendar page planning