『vit(ビット)』の使い方 〜TOHOシネマズで映画観るならvit一択!!〜

Toho cinemas Shinjuku Tokyo


先日、映画『祈りの幕が下りる時』を観てきました。

『新参者シリーズ』。
非常に好きな作品なのですが、完結編とあってシリーズ最高傑作と言ってもよい素晴らしい映画でした。

『麒麟の翼』もとても面白かったので、新参者シリーズの映画はハズレ無しですね。

…と、冒頭から若干脱線気味なのですが、今回チケット購入にTOHOシネマズの『vit(ビット)』と呼ばれるサービスを利用しました。

このvitというサービスは、

  • クレジットカードなどで事前決済できる
  • 座席予約が可能
  • 映画館に着いてからチケット購入の行列に列ばなくて良い

映画好きにとっては、大変メリットの多いサービスです。
(TOHOシネマズのカードのポイントも、もちろん貯まります)

ということで、今回はTOHOシネマズのvitというサービスの利用方法と注意点について、書いていきたいと思います。

映画館に着いてから、「うわっ、行列めっちゃ出来てるし…」と苦い経験をした人に、最後までお読みいただければ幸いです。




TOHOシネマズの『vit(ビット)』とは!?

Popcorn Bag And Movie Ticket On Red Background

Popcorn Bag And Movie Ticket On Red Background/PHOTO: iStock by Getty Images

vitとはTOHOシネマズで映画を観る時に利用できる、事前決済&座席予約のサービスです。
主な特徴は以下のとおりです。

  • 様々な支払い方法に対応
  • 事前の座席指定(予約)ができる
  • 映画館到着後、チケット購入の列に列ばなくてよい
  • 会員登録しなくてもOK
  • 24時間いつでもチケットが購入できる
  • 手数料…もちろん無料です

個人的に一番のメリットは、「チケット購入に列に列ばなくてよい」ところです。
ぼくは何度か、人気映画の公開初日に映画館に行ったものの、あまりの行列に嫌気が差して観るのを断念したことがあります…。

vitを利用すれば、vit専用機でチケットを発券するだけなので、かなりの時間短縮になります。
同じような経験をした人や、映画のチケット待ちが嫌いな人は、一度サービスを利用してみるとよいでしょう。

vitの使い方

Movie Clapboard

Movie Clapboard/
PHOTO: iStock by Getty Images

vitを利用する方法は2つあります。

  1. インターネットからvitを利用する
  2. 券売機からvitを利用する

今回は(1)のインターネットからvitを利用する方法について、詳しく書いていきます。
券売機からvitを利用する方法は、下記のリンクをご参照下さい。

TOHOシネマズ:vitの購入方法(券売機から)

インターネットからvitを利用する

  1. TOHOシネマズにアクセスし、「上映中」「劇場を探す」のどちらかで映画を検索します
  2. 「上映時間」>>「座席」の中から希望の時間を選択します
  3. 「利用規約に同意して次へ」を選びます
  4. 「券種を選択してください」からチケットの種類を選びます
  5. 会員番号やソーシャルアカウントでログインします
  6. (ログインしないで購入も可能です。シネマイレージカード会員の場合はチェックも忘れずに)

  7. 購入内容を確認して決済方法を選びます
  8. クレジットで購入する場合は、カード情報を入力します
  9. (その他の決済方法の場合も、画面の指示にしたがってください)

  10. 購入内容に間違いなければ「購入を確定する」を選びます

以上の操作で、チケットの購入が完了します。

購入番号について

購入後の画面に表示される「購入番号」は、映画館到着後の発券するときに必要です。
スクショを撮るなどして、忘れないようにしておきましょう。

vit券売機からチケットを発券する

映画館に到着したら、vit券売機を探して発券しましょう。

手順は、先程メモした「購入番号」を入力するだけです。
チケットや領収書などが、すぐに発券されます。

ポップコーンとドリンクを買えば、あとは中に入るだけです♪



vitの注意点

Red and white caution sign with an exclamation point

Warning Sign isolated on clean blue sky/PHOTO: iStock by Getty Images

最後にvitを利用するうえでの注意点を書いて、この記事のまとめにしたいと思います。

正直、vitを利用する際にこれといったデメリットは特にありません。
途中で「行くのやーめた…」と安易にキャンセルできないのが、強いて言えば注意点です。

利用規約にも、キャンセル不可と明記してあります。
「確実にこの時間に観れる」という状況の場合は、積極的に利用しましょう。

また、座席や時間を変更したりすることもできません
到着がギリギリにならないように、余裕をもって映画館に向かうようにしましょう。

(7)本サービスでの購入申込み完了後は、上映中止の場合を除いては、交通渋滞や駐車場渋滞による来場遅延等理由の如何にかかわらず、上映作品・時間・座席の変更およびご購入のキャンセル、払戻し等は一切受け付けていません。お客様のご都合でチケットをお引取りにならない場合も払戻しはいたしませんのでご注意ください。
引用:vit®利用規約「2.販売について」より

またvitのサービスとは関係ありませんが、映画館には年齢による入場制限もあります。
年齢制限が気になる人は、必ずTOHOのサイトで情報を確認してから、チケットを購入するようにしましょう。

【ご注意事項】

  • 終映が23:00を過ぎる上映回に18歳未満の方はご入場いただけません。

【一部条例により規制が異なる地域】

  • 大阪府では終映が22:00を過ぎる上映回に18歳未満の方はご入場いただけません。また、16歳未満の方で保護者同伴でない場合は終映が19:00を過ぎる上映回にはご入場いただけません。
  • 高知県、岐阜県では22:00を過ぎる上映回に保護者同伴でない18歳未満(高校生以下)の方はご入場いただけません。

『祈りの幕が下りる時』オススメです

この記事のキッカケになった、新参者シリーズの最終章『祈りの幕が下りる時』は、めちゃくちゃ面白くて泣ける名作映画です。

ちょっとでも気になった人は、ぜひ劇場へどうぞ♪

SourceNote




Toho cinemas Shinjuku Tokyo