ブックマークはもう不要!? 『Evernote Webクリッパー』を使ってみよう

Individuality


Evernoteには、ウェブページの情報を簡単に保存できる『Webクリッパー(ウェブクリッパー)』という機能があります。

ウェブクリッパーを使うと、面白いサイトや役立つウェブページの情報を「保存→検索」できるようになるので非常に便利です。

ほとんど丸ごとウェブサイトの情報を保存できるので、「ブックマークバーがゴチャゴチャしているので整理したい」というニーズにも対応してくれます。

「Evernoteのウェブクリッパーって何だろう!?」
「ブックマークバーの整理整頓をしたい!!」
という人は、一度利用してみるとよいでしょう。




Evernote Webクリッパーの使い方

Office desk with business drawings

Office desk with business drawings
PHOTO: iStock by Getty Images

早速Evernoteのウェブクリッパーの使ってみましょう。
Evernoteのウェブクリッパーを利用するには、

  1. Evernoteアカウント
  2. インターネット環境
  3. パソコンと好みのブラウザ
  4. Webクリッパーのインストール

が必要です。
Webクリッパーのインストールがまだの場合は、Evernoteの公式サイト(Webクリッパーのページ)からインストールしておきましょう。

【STEP1】Webページをクリップする

保存したいウェブページを表示したら、ブラウザのツールバーに表示されているEvernoteのアイコンをクリックします。
これだけで、クリップ操作を開始できます。

evernote-web-clipper-how-to-use-1

保存したいウェブページを表示して、ブラウザのツールバーにある「Evernoteのアイコン(象)」をクリックします。

【STEP2】「クリップの種類」「保存先ノートブック」を選択する

ウェブクリッパーのメニューが表示されるので、「クリップの種類」と「保存先のノートブック」を選択します。

クリップの種類

  1. 記事
  2. 簡易版の記事
  3. ページ全体
  4. ブックマーク
  5. スクリーンショット

基本的には、↑の5種類から選ぶことができます。
自分の好みにあわせたフォーマットで保存するとよいと思います。

保存先のノートブック

「保存先」の右にある下矢印をクリックすると、保存先のノートブックを変更することができます。
適切なノートブックが無い場合は、その場で新規ノートブックを作ることもできます。

また、毎回同じノートブックを表示させたい場合は、オプションから細かく設定しておくことも可能です。
慣れてきたら設定を見直しておくとよいでしょう。

evernote-web-clipper-how-to-use-2

ウェブクリッパーのメニューが表示されるので、「クリップの種類」と「保存先のノートブック」を選択します。

【STEP3】タイトル、コメントを編集する

最後はタイトルの編集や、コメントの追加などを行いましょう。
ちなみに、タイトルの編集やコメント追加は後から(Evernote保存後)でもできます。

編集できる項目は、以下の4つです。

題名

最初は自動入力されています。
クリックでカーソルを合わせると、名前を変更できます。

ノートブック

保存先のノートブックを、指定することができます。
過去に保存した履歴などをEvernoteが学習して、自動で表示してくます。

タグ

タグ(複数も可能)を追加できます。
間違えた場合は、タグの横にある×をクリックしましょう。

コメント

クリップに関するメモや、コメントを追加できます。
追加したコメントは、ノートの最初に表示されます。

evernote-web-clipper-how-to-use-3

ノートブック以外にも、「題名(タイトル)」「タグ」「コメント」の編集や追加ができます。

【FINISH】最後は「保存」をクリック

タイトルやコメントを編集したら、最後は「保存」をクリックします。

しばらくすると、メニューが更新されEvernoteへの保存が完了します。

保存後は、クリップしたノートをすぐに共有したり、リマインダーを追加しておくこともできます。

evernote-web-clipper-how-to-use-4

「保存」をクリックすると作業は完了です。
クリップ後は、ノートをそのままシェアしたり、リンクのURLを取得することもできます。



クリップの種類:「基本パターン5つ」+「特殊パターン3つ」

Back to school.

Colorful school supplies on blackboard background/
PHOTO: iStock by Getty Images

クリップの種類について
ここでは【STEP2】のクリップの種類について、詳しくご紹介します。

クリップの種類には、「基本的な5つ」と「特殊な3つ」のパターンが用意されています。

それぞれの特徴を覚えて、ウェブクリッパーをより効果的に使いましょう。

クリップの特徴については以下のとおりです。

クリップの種類:基本パターン5

基本的なクリップの種類は、以下の5つです。
(※Evernote公式サイトより引用しています)

  1. 記事
  2. 簡易版の記事
  3. ページ全体
  4. ブックマーク
  5. スクリーンショット

記事

記事やブログなどの本文をページから自動的に検出します。保存される範囲を編集したい場合は、画面に表示される「+」または「-」ボタンをクリックするか、キーボードの矢印キーを押して調整できます。

対応ブラウザ:Google Chrome、Safari、Internet Explorer (IE) 7 以降、Microsoft Edge、Opera

簡易版の記事

お気に入りのブログやニュースサイトの記事が読みやすくなります。不要なコンテンツをページから排除した、きれいな状態にして記事を Evernote に保存できます。

対応ブラウザ: Google Chrome、Safari、Internet Explorer (IE) 7 以降、Microsoft Edge、Opera

ページ全体

ページ全体をコピーします。Web ページをそのままの形で見られるようにしたい場合に便利です。

対応ブラウザ: Google Chrome、Safari、Internet Explorer (IE) 7 以降、Microsoft Edge、Opera

ブックマーク

ページ全体をクリップせずに、サイトだけを覚えておきたい時にご利用ください。URL、サムネイル画像(自動生成)、およびテキストの抜粋が保存されます。このクリップにはコメントを追加することもできます。

対応ブラウザ: Google Chrome、Safari、Internet Explorer (IE) 7 以降、Microsoft Edge、Opera

スクリーンショット

画面のスクリーンショットを撮影します。そこから画像の端を切り取って調整したり、テキストや図形、スタンプなどの注釈を追加することができます。

対応ブラウザ: Google Chrome、Safari、Internet Explorer (IE) 7 以降、Opera(現在、Microsoft Edge には対応しておりません)

クリップの種類:特殊パターン3

これまでに紹介した5種類の他にも、表示しているウェブページによっては違うフォーマット(書式)で保存することができます。

その他用意されているフォーマットは、以下の3種類です。
(※こちらもEvernote公式サイトより引用)

  1. PDF
  2. 選択範囲
  3. 人気サイト専用のフォーマット

PDF

PDF 文書をブラウザで閲覧している場合、PDF ファイルがそのまま新規ノートに添付され、 Evernote アカウントに保存されます。

対応ブラウザ: Google Chrome、Safari、Internet Explorer (IE) 7 以降、Opera(現在、Microsoft Edge には対応しておりません)

選択範囲

Web クリッパーを起動する前に、ページ上のテキストや画像などを部分的に選択することで、その箇所のみを Evernote に保存できます。

対応ブラウザ: Google Chrome、Safari、Internet Explorer (IE) 7 以降、Microsoft Edge、Opera

人気サイト専用のフォーマット

Gmail・Amazon・LinkedIn・YouTube など特定の人気サイトには、特別なフォーマットで Evernote に保存できます。チェックボックスの選択・非選択で、ページ上の保存したい項目を指定してください。保存後はきれいなノートとして、後から Evernote で自由に編集できます。

対応ブラウザ: Google Chrome、Safari、Internet Explorer (IE) 7 以降、Microsoft Edge、Opera

まとめ:Webクリッパーを活用してブックマークを整理しよう

Rear view of very busy man

Rear view of very busy man/
PHOTO: iStock by Getty Images

この様にEvernoteのウェブクリッパーを利用すると、ウェブページを様々な書式で保存しておくことができます。

面白いサイトや役立つ記事の情報を見つけたら、どんどんEvernoteにクリップしましょう。

ウェブクリッパーで保存するメリット

同じようなことは、もちろんブラウザのブックマークでもできます。
しかしEvernoteには以下のようなメリットがあります。

  • キーワードや日付で検索できる
  • あとから編集できる(もちろんウェブページの表示も可能)
  • タグやノートブックを使って情報を整理できる
  • ブックマークバーが不要な情報でゴチャゴチャしない

これまで、気になるサイトをブックマークに保存していた人は、ぜひEvernoteのWebクリッパーを利用しましょう!!

情報の整理整頓もできるので、まさに一石二鳥だと思います。

SourceNote


Individuality