【iOS11】Siriにテキストで話しかけることができるようになりました!!

Siri


「人前でiPhoneに話しかけるのはなんか恥ずかしい…」

Siriに興味はあるけれど、↑を理由に使ってこなかった人は多いと思います。
しかし、iOS11からはSiriがテキスト入力に対応してくれるようになりました。

これまでも裏技的にSiriにテキスト入力することはできましたが、少々手間がかかりました。
iOS11にアップデートしたiPhoneやiPadは、簡単にSiriを文字で操作することができます。

これで電車やバスの中で、躊躇せずSiriを使えますね♪




Siriにテキスト入力で話しかける方法

Woman talking alphabet letters coming out of her mouth

Woman talking alphabet letters coming out of her mouth/
PHOTO: iStock by Getty Images

Siriにテキストで話しかけるには、設定を変更する必要があります。

設定アプリを起動します。
「一般」>>「アクセシビリティ」>>「Siri」>>「Siriにタイプ入力」の順番で進みスイッチをONにします。

これでSiriを起動した時に、テキストが入力できるようになります。



Siriの基本的な使い方

Girl using a smart phone voice recognition

Girl using a smart phone voice recognition/
PHOTO: iStock by Getty Images

Siriのテキスト入力対応をきっかけに、本格的にSiriを使い始める人も多いと思います。
Siriを使いこなすためにも、Siriでどんなことができるか?はSiri自身に質問してみましょう。

Siriを起動する方法

Siriはホームボタン長押しで起動します。
ホームボタンを長押しすると、画面が切り替わり「ご用件は何でしょう?」と表示されます。

この画面が、Siriが起動している状態です。
声やテキストを使って話しかけてください。

Siriではどんなことができるのか??

  • 電話をかけたり
  • アプリを起動したり
  • 音楽をかけたり

Siriでは、様々な操作を行うことができます。

Siriを使ってできることは、直接Siriに質問してみましょう。
Siriを起動して、「何ができますか?」と聞いてみてください。

または、Siriを起動した時に表示される「?マーク」をタップするとSiriで何ができるかを詳しく知ることが出来ます。

「Hey Siriを使う」

ホームボタンを使わなくてもSiriを利用することが出来ます。
通称「Hey Siri」です。

「Hey Siri」の設定をONにしておくことで、iPhoneに「ヘイ!シリ」と声をかけるだけでSiriが起動するようになります。

「設定」>>「Siri」>>「”Hey Siri” を許可」をONにします。
設定ができたら「Hey Siri、お天気は?」など、Siriに質問してみましょう。

Siriにヘッドセットを使って話しかける

Apple純正のイヤフォンや、リモコン機能付きのヘッドセットを持っている場合は、センターボタン(または通話ボタン)を長押しすることでSiriを起動できます。
センターボタンを長押しすると「ピッピッ」とチャイムが鳴るので、その後に何をしてほしいかを伝えてください。

AirPodsを使っている場合は、本体をダブルタップすることでもSiriを使うことができます。

Siriが使えない時は!?

Siriが使えない時は、以下の設定を確認してみましょう。

  1. Siriの設定はONになっていますか??
  2. インターネットには接続されていますか??

Siriの設定はONになっていますか??

「設定」>>「Siri」からSiriの設定をONにしておきましょう。

インターネットには接続されていますか??

Siriはインターネットに接続されていないと、起動することができません。
モバイル通信かWi-Fi環境で通信を確保してから、再度Siriを起動しましょう。

SourceNote


Siri