『グーグルマップ』で現在位置を共有する方法

Traveller searching the way


「旅先で友だちとはぐれたしまった」「待ち合わせに遅れそうなので今いる場所を連絡したい」
そんな時は、『グーグルマップ』の現在地共有が便利です。

iPhoneなどのiOS端末では『グーグルマップ』アプリ、Android端末ではスマートフォン用の『マップ』アプリを使えば、簡単に友人などと現在地を共有することができます。

「画面をスクショしてLINEで送ればいいのでは!?」と感じる人もいるかもしれませんが、グーグルマップの現在地共有には優れた点が沢山あります。

  • リアルタイムで居場所を知らせるので連絡しなおす必要がない
  • お互い場所を共有すれば居場所を確認しながら移動できる
  • 3人以上で共有することもできる
  • Googleアカウントがあれば簡単に居場所を共有できる
  • LINEなど他のSNSへも共有用のリンクが送れる

Googleのアカウントを持っていたり、グーグルマップを使っている人は非常に多いので、ぜひ使い方を覚えておきましょう。




グーグルマップで現在位置を共有する方法

Map pin flat of network connection in city.

Map pin flat of network connection in city. Network connection concept./
PHOTO: iStock by Getty Images

  1. グーグルマップのアプリを起動します
  2. 左上にあるメニュー>>「現在地を共有」をタップします
  3. 現在地を共有する期間を指定します
  4. 「ユーザーを選択」をタップします
  5. (連絡先を尋ねるメッセージが表示されたら、Googleマップにアクセスを許可しましょう)

  6. ユーザーを選択します
  7. 「共有」をタップします

以上の手順で現在位置の共有が完了です。
相手にあなたの現在地が共有されたことが表示されます。

LINEなど他のSNSで現在位置を共有する

グーグルマップの現在位置共有は、自分の居場所をLINEなど他のアプリで共有することもできます。

↑でご紹介した手順で、メニュー>>「現在位置を共有」まで進んだら、画面右下の「その他」をタップします。
『LINE』や『Hangout』などSNSが表示されるので、共有したいSNSのアイコンをタップしてください。

送信したい相手を選択して「送信」をタップすると、SNS経由で現在位置を共有できます。

SNS共有の注意点
この記事を書いている時点では、『LINE』『Hangout』以外のSNSには直接リンクを送信することはできませんでした。どうしても他のSNSで送信したい場合は、リンクのURLをコピーして他のSNSで送信を試してみてください。

ロケーション履歴の設定について

グーグルマップで初めて現在地を共有する場合、ロケーション履歴をオンにするよう求められます。

ロケーション履歴とは、訪れた場所などをグーグルマップが記憶しておく機能のことです。
ロケーション履歴をオンにしておくと、関連性の高い検索結果が表示されたり、通勤経路に関する予測が表示されたりします。

ロケーション履歴は、いつでもオンオフを設定することができます。

参照リンク:Googleアカウントヘルプ:ロケーション履歴の管理、削除



『LINE HERE』との比較

business and leisure

business and leisure/
PHOTO: iStock by Getty Images

グーグルマップの現在位置共有と同じようなサービスが、『LINE HERE』です。
『LINE HERE』は、メッセージアプリのLINEアカウントを利用して現在位置を共有するサービスです。

両方のアプリを使い比べてみましたが、若干位置情報の精度で『LINE HERE』が優勢なように感じました。
しかし、基本的な機能はあまり変わりません。

持っているアカウントなどによって、サービスを使い分けるといいと思います。

SourceNote

Google マップ – Google, Inc.

LINE HERE – LINE Corporation


Traveller searching the way