iPhone/iPadの位置情報機能を変更する方法・個別で変更する方法

Map pin flat of network connection in city.


この記事では、iPhone・iPadで位置情報サービスのオン/オフを切り替える方法をご紹介しています。




「位置情報の変更」と「アプリごとの個別変更」の違い

business and leisure

business and leisure/
PHOTO: iStock by Getty Images

iPhone/iPadの位置情報機能は、

  1. 位置情報の設定
  2. アプリ個別の位置情報の設定

の2種類、変更方法があります。

位置情報の変更

すべての位置情報機能を、オン(利用する)またはオフ(利用しない)にまとめて変更できます。
位置情報機能の設定を細かく行なうのが煩わしい場合は、まとめて変更するとよいでしょう。

それ以外の場合は、なるべく個別に設定を行なう方をおすすめします。

個別の変更

位置情報機能はオンにしたままでも、各アプリやシステムごとに位置情報をオフに変更することもできます。

例えば、位置情報を使ったゲームアプリでは設定をオン・カメラでは設定をオフにする、などです。



位置情報機能の設定を変更する

Traveller searching the way

Traveller searching the way/
PHOTO: iStock by Getty Images

設定アプリを起動したら、「プライバシー」→「位置情報サービス」の順でタップします。
スイッチをタップして、オン・オフを切り替えることができます。

  • オン=スイッチを緑(位置情報を利用する)
  • オフ=スイッチを白(位置情報を利用しない)

オン/オフが切り替えられない場合

位置情報のオンオフが切り替えられない場合は、機能制限で設定が変更できないようになっている可能性があります。

「設定」→「一般」→「機能制限」を選択して、設定がオンになっていないかを確認してください。

位置情報機能の設定を個別で変更する

Mobile gps navigation, travel destination, location and positioning concept

Mobile gps navigation, travel destination, location and positioning concept/
PHOTO: iStock by Getty Images

さっきと同じ手順で、「設定アプリ」→「プライバシー」→「位置情報サービス」の順でタップします。

「位置情報サービス」はオンにしたまま、個別で設定したいアプリを選択してください。

  • 許可しない
  • このAppの使用中のみ許可
  • 常に許可

の中から「このAppの使用中のみ許可」「常に許可」の、どちらか好きな方を選択すれば設置が完了です。

カメラやマップのアプリが表示されない場合

iPhoneを購入したばかりの時など、一度もカメラやマップアプリを使ったことがない場合は、位置情報サービスの中に表示されないことがあります。

初めてカメラ・マップアプリを起動する際に表示される位置情報のポップアップ画面で、「許可しない」「許可」のどちらかを選択してください。
それ以降は、同様の手順で位置情報機能の設定を変更することができます。

SourceNote

Map pin flat of network connection in city.