iPhonenoのフリック入力、快適にできていますか!?

Scarecrow


iPhoneでは簡単に文字入力のキーボード種類を追加したり、削除したりすることができます。

この記事では、フリック入力用のキーボードを追加する方法や、削除する方法をご紹介しています。
フリックの設定についても書いています。フリック入力をよく使う人は、設定を調整しておきましょう。

フリック入力、快適にできてますか??

Japanese woman holding a smartphone

Japanese woman holding a smartphone/
PHOTO: iStock by Getty Images

「フリック入力、快適に使えていますか!?」

iPhoneには、フリック入力という文字入力の方法があります。
「flick(フリック)」とは、「〜をはじく」や「(物を)急いで動かす」というような意味の言葉です。

iphone-flick-keyboard-on-off

iOSの辞書アプリ『大辞林』を使って、flick(フリック)を調べた結果。
「〜をはじく」や「(物を)急いで動かす」というような意味の言葉です。

フリック入力に慣れると、文字入力を素早く行なうことができます。
練習用のアプリなどもたくさん出ているので、興味がある人はチャレンジしてみると良いでしょう。

さて、iPhoneのソフトウェアキーボードはユーザーの好みに合わせて、自由に追加したり削除したりすることができます。
設定方法も非常に簡単です。

  • フリック入力を多用する…日本語かなキーボードをオン
  • フリック入力は使わない…日本語かなキーボードをオフ

自分の使い方に合わせ、文字入力時に出現するソフトウェアキーボードを設定しておくと良いでしょう。
きっと文字入力が、ストレスなく+効率よいものになると思います♪



iPhoneのソフトウェアキーボードを追加/削除する

Trash bin button

Trash bin button/
PHOTO: iStock by Getty Images

iPhoneのソフトウェアキーボードの設定は、ホーム画面にある設定アプリを利用します。

設定アプリ>>一般>>キーボードの順で進むと、キーボードの設定に移動します。
キーボードの追加や削除は、この画面の一番上に表示されている「キーボード」から行います。

iphone-flick-keyboard-on-off-2

iPhoneのソフトウェアキーボードの追加/削除などの設定は、設定アプリ>>一般>>キーボードから行います。

iPhoneから「日本語-かな(フリック入力)」キーボードを削除する

iPhoneを購入した場合、フリック入力ができる「日本語-かな」のキーボードが初期設定されています。

フリック入力を多用する場合は、このままでも良いのですが慣れない人にとってはちょっと邪魔です。
「文字入力はローマ字でする」という使い方の人は、日本語-かな(フリック入力)のキーボードを削除しておくと良いでしょう。

iphone-flick-keyboard-on-off-3

iPhone購入後、日本語のかな入力(フリック入力)は初期設定されています。
フリック入力を使わない場合は、削除しておくと良いでしょう。

設定アプリをタップ>>一般>>キーボード、の順で進みます。
画面右上の編集をタップし、赤いマイナスアイコン>>削除でキーボードの削除ができます。

削除したキーボードは、いつでも簡単に元に戻すことができます。
あまり気にせず削除して、全く問題ありません。

iphone-flick-keyboard-on-off-4

設定アプリをタップ>>一般>>キーボードの順で進み、
右上の編集>>赤いマイナスアイコン(または左へスワイプ)>>削除でキーボードの順で削除できます。

iPhoneに「日本語-かな(フリック入力)」キーボードを追加する

キーボード>>新しいキーボードを追加…の順で進みます。

推奨キーボードの欄にある、「日本語」をタップしてください。
(日本で販売されているiPhoneの場合は、推奨キーボードの欄に日本語があります)

iphone-flick-keyboard-on-off-5

削除してしまった(または新しい)ソフトウェアキーボードを追加したい場合、キーボード>>新しいキーボードを追加の順で進みます。

  • かな
  • ローマ字

と表示されているので、かなをタップしてチェックマークが入った状態にします。

最後に右上にある「完了」をタップすれば設定は完了です。

iphone-flick-keyboard-on-off-6

フリック入力を追加したい場合は、「推奨キーボード」の中にある日本語>>かなにチェックを入れましょう。

キーボードの画面に「日本語-かな」が追加されます。
これで文字入力の際に、フリック入力のキーボードが使えるようになります。

フリック入力をよく利用する場合は、右上の編集をタップして並べ替えておくと良いでしょう。
編集>>3本線アイコンをタップしたまま上下移動、で並べ替え。

上にあるキーボードが優先して表示されるようになります。

iphone-flick-keyboard-on-off-7

3本線アイコンを上下にドラッグアンドドロップすれば、並べ替えができます。
使いやす順に並べ替えて、完了をタップしましょう。



フリックで「あ行」の二文字続けて入力を楽にする

Fashion pretty woman listening music in headphones with smartphone colorful

Fashion pretty woman listening music in headphones with smartphone colorful/
PHOTO: iStock by Getty Images

「カカ(かか)シ」「笹(ささ)」「母(はは)」のように、フリックであ行の文字を続けて入力する場合、

  1. 「あ」をタップ>>数秒待って>>再度「あ」をタップ
  2. 「あ」をタップ>>「→」をタップ>>再度「あ」をタップ

のどちらがで、入力することができます。

しかし、日本語を使っていると、あ行をを続けて入力する機会は意外と多いです。
ざっと調べてみましたが、結構たくさんあるものです。

同じ文字を続けて入力する必要がある言葉

  • ああ(ああ、なるほどね〜…など)
  • かかし
  • かかん(勇猛果敢)
  • ささ(笹)
  • ささにしき(ササニシキ※お米)
  • たた(多々)
  • たたかう(戦う)
  • ななし(名無し)
  • はは(母)
  • まま(ママ)
  • みみ(耳)
  • やや(やや右〜…など)
  • らら(ラララ〜♪…のような表現)

フリック入力で2文字続けての入力を楽にする方法

フリック入力に慣れてくると、この同じ文字を続けて入力する手間が、ちょっとしたストレスになってきます。

「あ〜、それ分かる…」という人は、以下の手順でフリック入力の設定を変更しておきましょう。

設定>>一般>>キーボード、の順で進みます。

画面の一番下まで移動すると、「フリックのみ」という項目があるので、ここをオン(緑=オン)にします。

これで、あ行の文字が連続で入力でるようになります。

「かかし」「笹(ささ)」「母(はは)」など、試しに入力してみましょう。
「か」を2回タップ、「さ」を2回タップ、「は」を2回タップで、素早く文字が入力できるようになっていると思います。

iphone-flick-keyboard-on-off-8

設定>>一般>>キーボードで進み、フリックのみをオンにしましょう。
これであ行の文字を連続して入力できるようになります。

SourceNote


大辞林 – 物書堂


Scarecrow