自動運転車のレベル0とレベル5、なにが違うの!?

cockpit of autonomous car. a vehicle running self driving mode and a woman driver reading book.


新聞やニュースなどで「自動車メーカーの〇〇が、世界ではじめて自動運転レベル3搭載した〜」といった内容の記事をよく見かけます。

自動運転はレベル0からレベル5までの6段階に別れていて、レベル5に近づくほど人の手がかからなくなります。

  • レベル0…自動運転の機能が全くない一般的な車
  • レベル5…完全に自動運転が実現した未来の車

自動運転車の現状(2017年)

  • 電気自動車メーカーのテスラは、「オートパイロット」という名前の自動運転レベル2にあたる機能を搭載しています。
  • 日産は「プロパイロット」という名称で、新型セレナに自動運転レベル2の機能を搭載しました。
  • ドイツの自動車メーカーAudi(アウディ)は、2017年秋に世界初の自動運転レベル3の車を発売することを発表しています。

この様に、現在世の中で「自動運転車」という名称で販売されている(または予定されている)車は、レベル1〜3の自動運転に該当します。

完全自動運転が実現する未来の自動運転車は、いつ登場するか?
その答えは誰にも分かりませんが、年々進歩していることは事実です。

そんな自動運転車のレベルや定義について、興味がある人は覚えておいてみてはいかがでしょうか!?



自動運転レベル0〜レベル2まで

Personal development career

Personal development career/
PHOTO: iStock by Getty Images

自動運転車レベルの0〜2までの3段階は、基本的に人が主体となる自動運転です。

現時点では市場に出ている「自動運転」をうたう車すべてが、このレベルのいづれかに該当しています。

電気自動車で有名なテスラの車は「オートパイロット」という名称の自動運転機能を搭載していますが、正しくはオートパイロットしてくれないので注意が必要です。

自動運転レベル0:非自動運転

自動運転の機能を搭載していない、一般的な車のことを指します。
100%人の手によって運転を行う必要があります。

自動運転レベル1:ドライバー支援

自動ブレーキなど、運転支援システムが搭載された車のことです。

自動運転レベル2:部分的自動運転

部分的に自動運転ができる車のこと。
例:同一車線上の自動運転技術。一般道路では使えず、高速道路のみで可能。…など特定の条件下で自動運転が可能。
注意点:運転手の監督を常に必要とします。



自動運転レベル3〜レベル5まで

Silver autonomous car parking at the side of the road

Silver autonomous car parking at the side of the road/
PHOTO: iStock by Getty Images

レベル2までの自動運転とは異なり、レベル3〜5までの自動運転は車とシステムが主体となります。

2017年秋頃に発売が予定されているアウディの自動運転車は、世界で初めて自動運転レベル3を搭載すると発表されています。

また、レベル4以上の運転手をほとんど必要としないレベル自動運転は、未だ開発されていません。

行き先を入力するだけで、安全に目的地まで運んでくれる自動運転車。
登場が待ち遠しいですね。

自動運転レベル3:条件付自動運転

条件付きで自動運転が可能となるレベル。
緊急事態を除いては、運転を車に任せることができる。

自動運転レベル4:高度自動運転

高度な自動運転レベル。
レベル3同様環境は限られるものの、原則運転手の対応を必要としない自動運転。

自動運転レベル5:完全自動運転

完全な自動運転が実現した未来の車。
運転手も不要。恐らくこのレベルに達すると、「運転席そのもの」が車の中から無くなっていることでしょう。

自動運転レベルの定義とその特徴まとめ

Candidates for job

Candidates for job/
PHOTO: iStock by Getty Images

米国自動運転車技術会=SAEの定義より
人間が主体となる自動運転 レベル0:非自動運転 自動運転の機能を搭載していない、一般的な車。
100%人の手による運転。
レベル1:ドライバー支援 自動ブレーキなど、運転支援システムが搭載された車。
レベル2:部分的自動運転 部分的に自動運転ができる車。
限定的な範囲での自動運転が可能。
システムが主体となる自動運転 レベル3:条件付自動運転 条件付きで自動運転が可能となるレベル。
緊急事態を除いては、運転を車に任せることができる。
レベル4:高度自動運転 レベル3同様環境は限られるものの、限定的な範囲では自動運転を完遂。
原則、運転手の対応を必要としない自動運転。
レベル5:完全自動運転 範囲を限定しない自動運転の完遂。
ドライバーの支援を全く必要しないレベル。

SourceNote


cockpit of autonomous car. a vehicle running self driving mode and a woman driver reading book.