Googleマップで駐車場の場所を登録する方法【iOS編】

googlemap-parking-place-1


「車、どこに止めたっけ…」

今年のGW、遊園地へ遊びにいった帰り…広大な駐車場を前にして僕は呆然としていました…。

しかも時間は、夜の8時過ぎ。
日も暮れかけており、周りの家族やカップルは遊園地で一日を満喫し、楽しそうに家路についています。

…。
こんな経験が、誰しも一度はあるのでは無いでしょうか。

今年筆者が経験した、リアルなエピソードです。
せっかくの遊園地や家族サービスも、これをやってしまうと本当に台無しです。

同じようなことで困らないように、今回はGoogleマップの機能のひとつ「駐車場の場所を保存する方法」をご紹介します。

Googleマップを使えば、簡単に駐車した場所を記録しておくことができます。
テーマパークや大きな駐車場がある施設へ出かけた時のために、駐車場の場所を保存する方法をぜひ覚えておきましょう。



Googleマップに駐車場の場所を保存する方法【iOS編】

parking sign

Googleマップのアプリを起動したら、自分の位置を示す青い点をタップします。
メニューが表示されるので「駐車場の場所を保存」をタップします。

googlemap-parking-place-2

Googleマップの青い点(現在位置)から、「駐車場の場所を保存」をタップします。

これで駐車した位置の保存が完了です。
マップ上に駐車した場所を示す「P」のアイコンが追加されます。

これで帰りは、ここを目指すだけで大丈夫です。
覚えておくと、ほんの数秒で作業は完了するので、車で出かける際は登録をクセづけておくと良いでしょう。

googlemap-parking-place-3

マップ上に駐車した場所を示す「P」のアイコンが追加されます。
このアイコンが表示されたら、作業は完了です。



駐車した場所はSNSでシェアも可能

Chat symbol and Quotation Mark

Chat symbol and Quotation Mark – hanging on the strings

登録した地点は、SNSなどを利用して他の人へ簡単にシェアすることもできます。

駐車した場所を示す「P」のアイコンをタップ
 ↓
「シェア」をタップ
 ↓
送信に利用するアプリや送信先を選ぶ
 ↓
送信ボタンをタップしたら完了

駐車した場所を共有したい場合は、この方法で正確な位置を簡単に共有することができます。
こちらも覚えておくと、とても便利です。

googlemap-parking-place-4

「P」のアイコンをタップするとメニューが表示されます。シェアメニューから、駐車した場所を共有することが可能です。

SourceNote

アプリのインストールはこちらからどうぞ

Google マップ – ナビ、乗換案内:iTunes


googlemap-parking-place-1