【iPhone 3D Touch 便利な使い方】コントロールセンター内の3D Touch活用法

Two sweet boys, reading a book in bed after bedtime


先週に引き続き、3D Touchの便利な使い方をご紹介しています。
こうして改めて3D Touchについて詳しくまとめると、本当に沢山の使い方ができることを実感できます。

3D Touchは便利ですね。

先週ご紹介した3D Touchの活用法は、以下のとおりです。

【iPhone 3D Touch 便利な使い方】『ホームアイコン→ショートカット→アプリ利用』の流れが劇的に便利!!

2017.04.30

【iPhone 3D Touch 便利な使い方】アプリのフォルダ名を爆速で変更する

2017.04.28

【iPhone 3D Touch 便利な使い方】ロック画面・通知センターからSNSやメッセージの返信をする

2017.04.26

【iPhone 3D Touch 便利な使い方】マルチタスクでアプリや画面を切り替える

2017.04.25

【iPhone 3D Touch 便利な使い方】特定アプリのダウンロードを優先して行なう方法

2017.04.25


コントロールセンターでの3D Touch活用法

懐中電灯

「コントロールセンターの懐中電灯アイコンを3D Touchすると、明るさを3段階から選べますよ」

この話をすると…「知らなかった!」とよく言っていただきます。
ということで、コントロールセンター内での3D Touch活用術で一番のおすすめは、最初にご紹介する懐中電灯の明るさ調整機能です。

懐中電灯アイコンを3D Touchすると「明るい」「普通」「暗い」の、3段階の明るさから選択することが出来ます。

夜の読書灯…暗い
暗がりを照らす…明るい

など、場面によって使い分けることができます。

iphone-3dtouch-control-center-1

タイマー

タイマーアイコンを3D Touchすると

  • 1時間
  • 20分
  • 5分
  • 1分

の4つの時間から、タイマーセットすることができます。

↑の時間のタイマーを使いたい場合は、コントロールセンターの方からが格段に速いので覚えておきましょう。

4つの中から時間をタップすると、自動でタイマーが起動するので余計な操作も一切不要です。

iphone-3dtouch-control-center-2

電卓

電卓アイコンを3D Touchすると、直前の計算結果をコピーして利用することができます。
正直、一度も利用したことがありません…w

iPhoneでよく計算する人にとっては、便利な機能なのかな!?

iphone-3dtouch-control-center-3

カメラ

カメラアイコンを3D Touchすると、

  1. 写真を撮る
  2. スローモードで動画撮影
  3. 動画撮影
  4. セルフィーを起動

↑の4つのモードが表示されます。

ワンタップで好きなモードが起動できるので、シャッターチャンスを逃しにくくなります。

これは、ホーム画面からカメラアプリのアイコンを3D Touchした時と全く同じ機能です。
詳しくは、別の記事でも紹介していますので、気になる人はぜひそちらもご覧ください。

iphone-3dtouch-control-center-4

【iPhone 3D Touch 便利な使い方】『ホームアイコン→ショートカット→アプリ利用』の流れが劇的に便利!!

2017.04.30


コントロールセンターの活用は、ホーム画面を整理したい人にも便利!!

Hand draws smiley with black marker on transparent whiteboard

コントロールセンターは、iPhoneを利用しているほとんどの状態から起動が可能です。
上手く利用すれば、ホーム画面のスリム化にも活用できます。

例えば「カメラ」「電卓」「タイマー」などのアプリを、iPhoneの比較的前のページに配置している場合。
コントロールセンターからのアクセスを習慣化し、上記のアプリは後ろのページやフォルダに格納してみましょう。

あとは、利用するときに
コントロールセンターを表示
 ↓
目的のアプリをタップ

の手順を踏めばOKです。

SourceNote

PHOTO: iStock by Getty Images


Two sweet boys, reading a book in bed after bedtime

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です