MITテクノロジーレビューの会員特典「スポンサード・バイ・ミー」とは!?

word cloud - sponsor

前回「MITテクノロジーレビューの購読をはじめました。」という記事を書きました。

MITテクノロジーレビューの購読をはじめました。

2017.04.18

タイトルどおりの内容なのですが…
MITテクノロジーレビューは、ITやテクノロジーが好きな人におすすめのメディアです。

MITテクノロジーレビューの有料会員「Insider Online」に登録すると、スポンサード・バイ・ミーという記事をシェアする機能を利用できるようになります。

まだベータ版なのですが、コレが非常に良心的なサービスとなっています。

MITテクノロジーレビューからは、1円ももらってませんが(笑)今回は「スポンサード・バイ・ミーめちゃくちゃ良いですよ」ということについて書いていきたいと思います。

MITテクノロジーレビューの『スポンサード・バイ・ミー』とは!?

thinking woman with question mark

スポンサード・バイ・ミーとは、MITテクノロジーレビューの記事を職場の同僚や友だちなどに無料でシェアすることができる機能です。

有料会員の資格である「Insider Online」になると、記事毎にシェア用のリンクをつくることができます。
対象の記事であればこのURLを使って、SNSなどでシェアすることができるようになります。



スポンサード・バイ・ミーの使い方

Sponsorship concept on business presentation with sponsor in the background

スポンサード・バイ・ミーを使って記事をシェアする方法は、非常に簡単です。

MITテクノロジーレビューにログインします。
 ↓
シェアしたい記事を表示します。
 ↓
記事上部に表示される「スポンサード・バイ・ミー ここをクリックすると友だちが無料で読めるリンクに移動します」をタップします。
 ↓
リンクをコピーするなど好きな方法でシェア。

Twitterでテストを行いましたが、以下のような結果でした。
スポンサード・バイ・ミーのリンクでも、コンテンツ終わりのシェアボタンを使ってしまうとシェアされた側は記事を最後まで読むことが出来ません。

ちょっとだけ注意が必要ですね。

シェアの方法 結果
リンクをコピーしてしてシェア
Chromeアプリなどのシェアボタンでシェア
コンテンツ下部のシェアアイコンでシェア ×

正しくシェアされた場合

誤ってシェアされた場合

スポンサード・バイ・ミーで記事をシェア出来る範囲

「ブログで不特定多数の人ともシェアしてよいのだろうか??」

スポンサード・バイ・ミーを知った時、僕が抱いた最初の疑問がこれでした。
ということで、早速問い合わせのメールをカスタマサービス送って確認してみました。

結果…「ブログやSNSでバンバンシェアしてOKですよ」というご回答をいただくことができました。

なので今後も当ブログやSNSで、最新のテクノロジー情報をどんどん発信していきたいと思います。
カスタマサービスの安藤様、早々のご返答ありがとうございますm(_ _)m

MITテクノロジーレビュー/カスタマーサービスの安藤です。
このたびはご質問いただきありがとうございます。

「スポンサード・バイ・ミー」機能は、有料会員の皆さまの特典として、ご自身のご友人などに記事を紹介するための機能です。
SNS、社内ネットワーク、ブログなど、不特定多数の方とのシェアに使っていただいて構いません。
ただし、配信権の付与ではありませんので、RSSフィードに全記事を公開、などはご遠慮下さい。

なお、お名前として本サービスに登録された姓名が表示されます。公開時に個人名が表示されることが気になる場合は、別のお名前を設定されることをお勧めします。

Customer Service
csutomer-service@technologyreview.jp

MIT Technology Review Japan
KADOKAWA 3rd HQ bldg. 12th floor
1-8-19 Fujimi, Chiyoda-ku, Tokyo 102-8584
www.technologyreview.jp

全文引用:MITテクノロジーレビュー Customer Serviceより



スポンサード・バイ・ミーの注意点

スポンサード・バイ・ミーを利用する際に、注意することが2つあります。

  • スポンサード・バイ・ミーは配信権の付与ではないので全文公開は不可
  • スポンサード・バイ・ミーで記事をシェアすると登録した名前が表示される

全文公開は不可

記事をシェアはできるのですが、有料会員とはいえコンテンツを配信する権利が与えられているわけではありません。

記事全文をそのまま公開したり、自分の運営するサイトなどで引用の範囲を超えて利用することはやめましょう。

登録した名前が表示される

スポンサード・バイ・ミーを利用して記事をシェアすると、「スポンサード・バイ・〇〇さん」のように利用した人の名前が公開される仕様になっています。

会員登録時に本名を登録すると、スポンサード・バイ・ミーを利用した際にも本名が表示されます。
名前を非公開にしたい場合は、ペンネームなどに変更しておくとよいでしょう。

スポンサード・バイ・ミーで表示される名前を変更する方法

スポンサード・バイ・ミーでシェアする際に「名前を表示されたくない」という場合は、個人設定から名前を変更することができます。

MITテクノロジーレビューにログインする
 ↓
メニューをタップ
 ↓
個人設定をタップ
 ↓
「姓」「名」をそれぞれ編集
 ↓
「変更を保存」をタップ

以上の手順で名前を変更することができます。
(画面はiPhoneのスクーンショットですが、PCでもほぼ同じ操作で変更が可能です)

SourceNote


word cloud - sponsor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です