【進撃の巨人PR】セカンドシーズンが4/1放送開始 「お詫び」ではじまる広告に思わず笑ってしまったので「#shingeki」つけてシェアします

Tree man


新聞の一面に出されていた「お詫び〜」ではじまる広告。

FAKEニュースや大企業の不祥事など、ネガティブな話題も多いので「何かまたあったかな?」と思って読んでいたのですが全く違いました。

それは日本のとあるアニメの新聞広告でした。
きっと一度は耳にしたことがある人気のアニメ、みなさん何のアニメのことだと思いますか??

TVアニメ「進撃の巨人」製作委員会より

Vintage shout

日課なので朝から新聞に目を通していると、ふとその言葉が目に入ってきました。

「お詫び」

またどこかの企業で何かあったのかな?
と感じたのですが、全く違いましたw

それは、4月1日から待望のシーズン2が放送される「進撃の巨人 製作委員会」からのものでした。
新聞の一面使って出されているので、内容もさることながら非常にインパクトがある広告でした。

僕への宣伝効果は、すでに絶大です。

コメントというか、広告の文面も面白かったのでご紹介します。

平素は「進撃の巨人」に格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび2017年4月1日より放送開始となりますTVアニメ「進撃の巨人」season2において
放送中はもちろん、放送後も次回が気になるあまり、
勉強、仕事、家事などが手につかないといった危険性があることが判明いたしました。

品質向上を目指すあまりこのような事態を招いてしまったことを、心よりお詫び申し上げます。
ご視聴いただく際はあらかじめ上記の内容を理解したうえで
ご覧いただきますよう何卒お願い申し上げます。

また、上記の内容が依然としてすべての皆さまへの情報共有には至っておりません。
お心当たりのお客様は、ご家族、ご友人への注意喚起も併せてお願い申し上げます。
SNSにご投稿いただく際は「#shingeki」をつけていただますと幸いです。

皆様にはご面倒をおかけし、大変申し訳ございません。

「進撃の巨人」製作委員会

引用:進撃の巨人製作委員会からのお詫びより

BtoBの挨拶状のようなお固めの文章に、進撃の巨人らしいユーモアが散りばめられています。
最後はしっかりとSNSでの拡散まで促しています。
流石ですね。

attack-on-titan-anime-2ndseason1

画像は3月31日の日経新聞電子版に掲載されていた、「進撃の巨人」広告のスクリーンショットです。



アニメ「進撃の巨人」セカンドシーズン視聴に備えて

ファーストシーズンはNetflixやHuluで配信中

現在ファーストシーズンは、NetflixやHuluなどの動画見放題サービスで配信中です。
まだ見てない人は、原作とは一味違った仕上がりなのでぜひご覧ください。

絵も丁寧に描かれており、巨人の迫力や登場人物達の声の印象など全体の完成度が非常に高いアニメーション作品に仕上がっています。

最新の情報を知りたい人は、公式Twitterをフォローしましょう。

続きが気になる人は原作をチェック

アニメを観た後、「どうしても先が気になる!」とうい人は原作をチェックしましょう。
ファーストシーズンはコミックの8巻後半くらいまでのストーリーです。

先がどうしても知りたい場合は、コミックを大人買いしてフライングしちゃいましょう。

進撃の巨人の最新刊をチェック

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2017-04-07)
売り上げランキング: 8

「進撃の巨人」ファーストシーズンの続きが読みたい

進撃の巨人(8) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2013-03-22)
売り上げランキング: 1,258

「進撃の巨人」を最初から読みたい

進撃の巨人 コミック 1-21巻セット (講談社コミックス)
諫山 創
講談社
売り上げランキング: 1,211

SourceNote


Tree man

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です