【Nozbeの使い方】言語設定を変更する方法と対応する11ヶ国の言語リスト

Languages Signpost


これまで何度もブログで紹介している、タスク管理アプリのNozbe(ノズビー)。
Nozbeは、複数の言語に対応しているのも特徴のひとつです。

この記事では、

  • 言語設定を変更する方法
  • 対応する11ヶ国の言語リスト

を、ご紹介しています。

Nozbeの言語設定を変更する方法

タスク管理アプリのNozbeは、複数の言語に対応しておりアプリから簡単に言語設定を変更できます。

アプリを起動します
 ↓
歯車アイコンをタップ
 ↓
アカウントの情報と設定をタップ
 ↓
個人情報にある「アプリの言語」を変更
 ↓
情報をアップデートする。をタップして更新

以上で設定が変更できます。



Nozbeの対応言語一覧

Hello word in different languages of the world

一般的な、英語や日本語以外の言語にも複数対応しているのもNozbeの良いところです。
この記事を書いている2017年3月時点での対応言語は以下のとおりです。

  • 英語
  • ポーランド語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • 日本語
  • 韓国語
  • オランダ語
  • ロシア語
  • 中文簡体字
  • 中文繁体字
  • フランス語

この様に11ヶ国語に対応しており、ほんの数秒で切り替えが簡単にできます。
母国語以外で使用すると、言葉の勉強にもなるので興味のある言語があれば積極的に利用してみるとよいでしょう。

変更はすべてのデバイスに反映

Nozbeはクラウド型のタスク管理アプリで、複数のデバイスを連携させることができるのもオススメのポイントです。
「言語の設定」もいずれかのデバイスで変更すれば、他のデバイスにも設定が反映されます。

SourceNote




Languages Signpost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です