僕がAudible(オーディブル)を3ヶ月で解約した理由

Man on his sofa listening to music with a smartphone


Audible(オーディブル)はAmazonが提供している聴く読書のサービスです。
アマゾンプライム会員に登録すると、3ヶ月間無料で利用することができます。

この記事では、

  • 実際にAudibleを3ヶ月間利用した感想
  • 有料で継続しなかった理由
  • Audibleの解約方法

を紹介しています。

Audible(オーディブル)とは!?

Audible(オーディブル)とは、Amazonの関連会社で世界中でオーディオブックのサービスを提供しています。

1995年にドナルド・ガッツ氏が設立し、2008年にAmazonの一員になりました。
現在はアメリカ、イギリス、フランツ、ドイツ、オーストラリアでもビジネスを展開しており、2015年に日本でサービスを開始しました。
日本が6カ国目の進出となります。

「Amazonが提供する聴く読書のサービス」と覚えておくとよいでしょう。



僕がAudibleを無料期間内に解約した理由

Audibleは月額1500円で、サービスを利用する事ができます。
現在は1ヶ月間の無料体験期間が設けられており、アマゾンプライム会員であれば最大で3ヶ月無料でサービスを利用することができます。

無料期間が終了すると登録していたクレジットカードに課金が発生し、翌月以降は月ごとに更新されるシステムになっています。

筆者はアマゾンプライム会員なので、Audibleを3ヶ月間無料で利用しました。
移動時間や入浴中など結構な頻度で利用していましたが、無料期間が終了するとともにサービスを解約することに決めました。

解約理由1:やっぱり値段が高い

最近動画配信や音楽の聴き放題など、コンテンツを月額で利用するサービスが増えています。
こうした◯◯放題系のサービスを解約する一番の理由は、やはり利用料金です。

筆者はNetflix、Hulu、Spotifyや各種電子雑誌・新聞などなど、結構沢山サービスを利用しているのですが…Audibleは正直「値段が高い」と感じてしまいました。

そうです残念ながらAudibleは、同じAmazonのサービス「アマゾンプライム」と比較すると値段が高すぎるのです。

詳しくは他の記事で紹介しているのでそちらを見ていただきたいのですが、アマゾンプライム会員の利用料金は月額換算するとたったの325円です。
【Amazon Prime使い方マニュアル】まず気になるのは料金、アマゾンプライムは月額いくらで利用できるか?

この金額で、

  • 動画見放題のアマゾンビデオ
  • 音楽聴き放題のプライムミュージック
  • 写真保存し放題のプライムフォト
  • お急ぎ便が何度も無料のお届けサービス
  • Kindle本が毎月1冊タダで読めるオーナーズライブラリ

…などなど、本当におトクにサービスを利用できます。

しつこいようですが、このアマゾンプライム会員の特典と比較するとAudibleは高すぎるのです。
アプリの使い勝手もよく動作も非常に安定しているのですが、どうしても割高に感じてサービスを継続利用することはできませんでした。

解約理由2:コンテンツが少ない

同じくAmazonが提供している電子書籍サービス「Kindle」、こちらで配信されている電子書籍の数は約30万程度と言われています。(2015年時点)
今では、読みたい本をAmazonで探せばかなり高確率で電子版を選ぶことができます。

Audibleのコンテンツ数は正式に発表されていないようですが、これと比較するとかなり少ない状況です。
最新の書籍などはあまりオーディオブック化されていませんし、読みたいタイトルがある場合でも要約版しかないこともしばしば。

無料期間の最初月は聴きたい本を簡単に見つけることができたのですが、2ヶ月目以降は聴きたい本を中々見つけることができなくなってしまいました。
このように、コンテンツの物足りなさと価格のバランスが解約という決断につながりました。



Audibleのおすすめポイントとコンテンツ紹介

とはいえ、Audibleにもおすすめのコンテンツは沢山あります。
これからAudibleを利用してみたいという方もいらっしゃると思いますので、3ヶ月利用してみてお気に入りだったコンテンツをいくつかご紹介します。

人工知能は人間を超えるか

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)

人工知能やAIについて興味がある人にはおすすめです。
非常に分かりやすく解説されていて、AIには何ができて何が今はできないのか?といった、AIの得意不得意や最新事情も知ることができます。
「これは保存版だ」と思い、紙の本も購入してしまいました。

アカマイ 知られざるインターネットの巨人

アカマイ 知られざるインターネットの巨人(角川EPUB選書)

みなさんは「アカマイ」という会社をご存知でしょうか?
きっと聞いたことがない人がほとんどだと思います。

しかし少なからずインターネットを利用している人であれば、アカマイが提供するサービスを利用しています。
そんなインターネットのインフラに関わる企業アカマイについての本です。
「なぜインターネットが使えるのか?」といった、インターネットの基礎や歴史を学びたい人には必読の書です。

ハリー・ポッターと賢者の石

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

Audibleではハリー・ポッターシリーズも配信されています。
ハリポタファンや、本の厚さやシリーズの長さに躊躇して読めてない人にとってはよいキッカケとなりそうです。

君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

ホリエモンこと、堀江貴文さんの比較的新し目の本です。(2016年出版)
実際に見てまわった、リアルな世界各国の様子やそれと比較する日本の状況などが書かれています。

「日本はアジアのNo1」と今でも思っているのは、本当に日本人だけでしょうね。
海外に負けないように自分も頑張ろうと、思わせてくれるそんな一冊です。

イノベーターズ・トーク 佐山展生×堀江貴文×楠木建

こちらは、NewsPicksというアプリ配信されていた特別対談の音声版。
今後もNewsPicksで人気のコンテンツが、毎月配信されるようです。

これは楽しみな企画だと感じています。

Audibleおすすめポイントと使い方

ご紹介したように、Audibleにはおすすめのコンテンツも沢山あります。
今後オーディオブックが普及していき、コンテンツが増えれば筆者もまた利用したいと考えています。

贅沢を言えば価格がもう少し下がるか、アマゾンプライム会員のサービスのひとつになってくれればと思っています。

Audibleの活用法

Audibleが一番活用できるのは、やはり手が使えない時です。
通勤中、入浴中、家事をしている時…など、日常手を使えないけれど頭には比較的余裕があるシーンは結構多いと思います。

そんなとき、Audibleは真価を発揮します。
筆者の場合は、

  • 毎日の通勤(徒歩)の20分
  • 毎日の入浴15分
  • 週末の家の家事手伝い30分

といった感じで、手が使えないときに利用することが多かったです。

またAudibleは高速再生にも対応しているため、1時間程度読む時間がかかる本の場合でも半分以下の時間で読み終えることができます。

最初は1.5〜2倍速程度で再生し、慣れてきてから2.5〜3倍速再生に挑戦してみると良いでしょう。
思った以上に多くの本を読むことが出来るようになります。

Audibleを解約する方法

Audibleの解約はやや分かりにくくなっています。

スマホアプリからは解約手続きができないようなので、パソコン(ウェブサイト)から解約を行います。
まずは下のリンクからAudibleのページにアクセスしていただくか、ブラウザを使って「Audible 解約」などでAudibleのヘルプページにアクセスします。

画面に「退会のお手続き」があるので、そこから手続きを行いましょう。
クリックすると、アマゾンのアカウントのサインインが表示されますのでログインしてください。

画面を少し下に移動すると「アカウント設定」の項目があり、その中に「退会する」がありますのでクリックして進みます。

退会する理由のアンケートが表示されるので、記入して「退会する」を選びましょう。
画面が切り替わり退会が完了します。

退会後も、無料期間や継続日まではサービスを利用することができます。
退会後もサービスを再開したい場合は、いつでも再開することができます。
(再開の場合は、無料期間はありません)

SourceNote


Man on his sofa listening to music with a smartphone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です