アップルTV専用リモコン「Apple Remote」電池交換の方法【電池の品番も解説】

Apple TV remote
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Share on TumblrShare on LinkedIn

アップルTVのリモコンの「Apple Remote」には「Apple Remote(アルミニウム)」「Apple Remote(ホワイト)」「Apple Remote(Siri対応)」の3つのバージョンがあります。
この記事では、「Apple Remote」の電池交換方法と電池の型番について解説しています。
「Apple Remote(アルミニウム)」「Apple Remote(ホワイト)」の電池には、対応型番(品番)があるので購入の際には注意が必要です。

「Apple Remote(アルミニウム)」電池交換方法/電池型番

Second generation Apple TV and remote control

Apple Remote(アルミニウム)は裏面に電池ホルダーがあります。
交換の際に必要なものは、新しい電池と硬貨だけです。

裏面にある電池ホルダーの蓋を硬貨などで回して開けます。
(反時計回り=開ける)(時計回り=閉める)

古い電池を取り出したら、同じ向きで新しい電池を入れます。
電池ホルダーの蓋を閉めれば、交換は完了です。
(時計回り=閉める)

交換後リモコンを再起動したりする必要はありません。
正しく交換ができていれば、すぐに使い始めることができます。

正常に動作しない場合は、電池の向きを確認しましょう。
※プラス面を上にして挿入するのが正しいです。

Apple Remote(アルミニウム)の電池型番

Apple Remote(アルミニウム)のボタン電池の型番は、『CR2032』または『BR2032』の3V(ボルト)コイン型リチウム電池です。
このタイプのボタン電池は、Amazonや電気店・ドラッグストアなど比較的どこでも取り扱いがあります。
(筆者は近所のスーパーで購入しました)



「Apple Remote(ホワイト)」電池交換方法/電池型番

apple-remote-ma128g

Apple Remote(ホワイト)は底面に電池ホルダーがあります。
交換の際に必要なものは、新しい電池とクリップ(iPhoneのSIMピンでも可)だけです。

底面にある電池ホルダーの穴にクリップ(SIMピン可)差し込みます。
(iPhoneのSIMカードを取り出すように、ピンを差し込んでグッと押し込む感じ)

古い電池を取り出したら、同じ向きで新しい電池を入れます。
※プラス面を上にして挿入するのが正しいです。

電池トレイをカチッと音がするまで差し込めば交換は完了です。

Apple Remote(ホワイト)の電池型番

Apple Remote(ホワイト)のボタン電池の型番は、『CR2032』コイン型リチウム電池です。
このタイプのボタン電池は、Amazonや電気店・ドラッグストアなど比較的どこでも取り扱いがあります。

「Siri Remote」充電方法

Paris, France - November 10, 2015: Focus on the remote control of the New Apple TV media streaming  player microconsole by Apple Computers next to the new touch remote swipe-to-select with integrated Siri and motion sensor on white

「Siri Remote」はApple Remote(アルミニウム/ホワイト)とは異なり、充電式となっています。
iPhoneと同じライトニングケーブルで充電をすることができます。

電池が切れた場合は、充電をして利用しましょう。


LINEで送る
Pocket

コメントを残す