【IT用語解説】ミレニアル世代とは?

Millennium-Generations
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Share on TumblrShare on LinkedIn

IT用語辞典です。
このページでは「ミレニアル世代」というキーワードについて解説しています。

ミレニアル世代とは!?

Interact Communicate Connect Social Media Social Networking Concept
Interact Communicate Connect Social Media Social Networking Concept

ミレニアル世代とは、(主に米国で)1980~2000年頃に生まれた若者のことを言います。
西暦2000年以降に成人になるということで、ひとつの世代としてカテゴライズされる傾向にありその他の世代とは異なる特性を持っていると考えられています。

英語の「Millennium」は、「千年(間)」「新たな千年がはじまるとき」のような意味です。
少し前の話になりますが、パソコンの2000年問題などでも「Millennium Bug」などとして使われていました。

ミレニアル世代の特性

ミレニアル世代の特性は、一言で言うと「デジタルネイティブ世代」です。
インターネットやデジタルデバイス(機器)が普及した後に生まれ育っているため、比較的デジタル機器やサービスを日常的に使いこなすことができます。

SNSやネットを利用した、情報収集と発信が得意で組織やコミュニティへの帰属意識は弱い傾向を持っています。
小中学生でアプリなどをカリカリプログラミングできる子などはミレニアル世代の代表かもしれません。

「M世代」と言われることもあり、今後の世界を変容させる可能性があるとして注目されています。

ミレニアル世代とは – 日本語表現辞典


「ミレニアル世代」とは、2000年以降に成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉です。
ミレニアル(Millennial)は、英語で「千年紀の」という意味。
おもに米国で1980~2000年頃に生まれた若者を「ミレニアル世代」「新千年紀世代」と呼び、それ以前の世代とは異なる特性を持つと注目されています。
引用: Weblio辞書より


LINEで送る
Pocket

コメントを残す