iPhoneアプリ「Don’t Starve」がマインクラフトを超える面白さ!

dont-starve-pocket-edition

「Don’t Starve」はマインクラフトのように、素材を集めて無人島で生き抜くサバイバル系ゲームです。
iPhoneでもいつでも楽しむことができる「Don’t Starve:Pocket Edition」をご紹介ます。

ゲームの特徴・楽しさ

Little smiling child boy playing games or surfing internet on digital smartphone computer white isolated

Little smiling child boy playing games or surfing internet on digital smartphone computer white isolated

「Don’t Starve」はマインクラフト(以下マイクラ)に似た、素材を集めながらサバイバルしていくゲームです。
素材を集めたりと共通点も多いのですが、独自の世界観とシステムが斬新でとてもハマってしまい毎日プレイしています。

ジャンルは「サバイバル+ローグ系」のゲームです。
特徴的な2D画面で、素材を集めながら無人島でサバイバルしていきます。
Android版は発売されておらず、App Storeで購入することができます。
※日本語対応済

ゲームの目的はスバリ!「生き抜くこと」。
タイトルにもあるように、無人島の過酷な環境を飢えと戦いながら生き抜いていきます。
※starve=餓死する、飢えに苦しむ、(死にそうなほど)お腹が空いている…といった意味です。

一番衝撃的だったがシステムです。
セーブ機能はあるものの、一度サバイバルに失敗し死んでしまうとすべてがリセットされます。
作った拠点も生成した貴重なアイテムも、すべてを失います。セーブの状態に戻ってプレイを続けることはできません。

もちろん完全にリセットされるわけでなく、サバイバルした日数が加算されていき新しいキャラクターが開放されたりはします。
しかし、何日必死に生き抜いても死んでしまうとゼロに戻ります。

イラストはシュールというかなんと言うか…。独自の世界観を醸しだしています。
特定の目的が無いコツコツ系のゲームが好きな人はハマる可能性が高いと思います。



基本的な操作方法

Small kid sitting on a floor outside and using cell phone.

Small kid sitting on a floor outside and using cell phone.

アプリはApp Storeからダウンロードできます。
有料アプリ(600円)です。※記事執筆時点の価格
Don’t Starve(App Store)※iTunesが起動します。

アプリを起動したら「プレイする!」をタップします。
言語が英語など他の言語に設定されている場合は、一番右で日本語へ変更しておきましょう。
※iPhoneの設定言語には影響されず、アプリの言語だけを変更することができます。
(この機能は地味にありがたい♪)

「新しいゲーム」をタップすると細かい設定などができますが、とりあえずはスタート。
数秒で世界が構築され、ゲームがスタートします。

画面構成

右側には時間やステータスが表示されています。
・胃袋アイコン=空腹度
・ハートアイコン=ライフ(HP)
※これはどちらが0になっても死んでしまいます。

・グーアイコン=攻撃
・パーアイコン=アイテムを拾う
・地図アイコン=マップを開くことができます。
・一時停止=設定とセーブ

画面したはアイテムです。
採取したアイテムが表示されます。
ドラックで移動したり、アイテムを捨てることができます。

画面左には作成アイコンが列んでいます。
所持している素材によって、様々なアイテムを作ることができます。



サバイバルに必要な最低限の知識(最初の夜を乗り切るチカラ)

Man lighting a fire with help of a lip balm

Man lighting a fire with help of a lip balm

画面と操作に慣れたら、とにかく手当たり次第に素材を拾います。
以下ネタバレですが…
このゲームは、夜になって灯りがないと何者かに襲われて死んでしまいます。
なので初日を乗り切るため、灯りを確保することが何よりも大事です。

『斧』をつくる

松明の灯りで夜を乗り切ることもできますが、ちょっと大変なので初日はなんとしてもキャンプファイヤーをつくりましょう。

キャンプファイヤーは、「芝」と「丸太」が必要です。
芝はそこら辺の地面に生えているのすぐ入手できますが、丸太は木を伐採しなければ入手できません。

そこで「斧」が必要になります。
斧の素材は「小枝+フリント」。
どちらもフィールド上に落ちているので、歩き回ってゲットしてください。

素材が必要な数揃ったら、画面左に製作アイコンから斧をタップすれば完成です。

キャンプファイヤーを作って夜を乗り越える

キャンプファイヤーの素材が揃ったら、画面左の火のアイコンをタップしてキャンプファイヤーをつくります。
一度タップすると作成、もう一度タップすると設置できます。

時計を見ながら、夜になる少し前に適当な場所に設置しておきましょう。
キャンプファイヤーは、燃料を足さないと朝が来るまでに燃え尽きてしまします。

途中で丸太や芝など燃えそうな素材を足してあげてください。
しばらくすると夜が明けます。

これで初日のサバイバル達成です!

今後もプレイしながら遊び方を解説

今回の記事は以上です。
現在ゲームをダウンロードしてから数日間プレイしているのですが、日本ではあまり知られていないアプリみたいで攻略サイトはあまり見つかりませんでした。
(攻略Wiki系はいくつか有り)

今後もハマってプレイしていく予定なので、遊び方や攻略を記事単位でコツコツと更新していこうと思います。


dont-starve-pocket-edition

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です