メモアプリにロックをかける方法・ロック解除をする方法【Touch ID 解説付き】

memo-lock-unlock

iOS9から、iPhoneの純正メモアプリは手描きのメモにも対応するようになりました。
メモアプリが使いやすくなったことで、大事なメモを書き残す人も増えてきているようです。

iOS9.3のバージョンアップからは、更にメモ毎にロックをかけることができるようになりました。

今回は、メモにロックをかける方法やTouch IDを使った解除方法をご紹介します。

メモをロックする準備

純正のメモアプリでパスワードを機能を利用する場合は、設定アプリから設定を変更する必要があります。
設定アプリをタップし、iCloudやiTunesの設定の下にある「メモ」をタップしましょう。
memo-lock-unlock_2

メニューの中から「パスワード」をタップして、「パスワード」「確定」「ヒント」を入力します。
※「ヒント」はパスワードに関するヒントのことです。
 例えばペットの名前をパスワードにする場合は「ペットの名前」とヒントに入力しておくとよいでしょう。
memo-lock-unlock_3

これで、メモアプリでパスワードを利用することが出来るようになりました。

また、メモのロック解除にTouch IDを利用する場合はTouch IDの設定もこの時にオンにしておきましょう。



メモにロックをかける

メモにロックをかける準備が終わったら、早速秘密のメモを作成したり見られたく無いメモにロックをかけてましょう。

まずロックをかけたいメモを開きます。
右上に、共有メニューのアイコンが表示されているのでタップします。

「メモをロック」というアイコンが表示されるので、そこをタップします。

初回のみパスワード入力が求められます。
先程設定したパスワードを入力してください。
memo-lock-unlock_4

するとメモの右上にロックアイコンが追加されます。

追加されたアイコンをタップするとメモにロックがかかります。
(※この作業を行わないとロックがかからないので注意!!)

メモに正常にロックがかかると、以下のような表示に切り替わります。
これでパスワードを入力無いと、メモの中身を見ることができなくなります。

memo-lock-unlock_5



パスワードやTouch IDを使ってロックを解除する

ロックをかけたメモは、パスワードを入力したりTouch IDを使って解除することができます。
ロックをかけたメモを表示して「メモを表示」をタップします。

パスワードで解除する場合は、「パスワードを入力」をタップして設定したパスワードを入力します。
Touch IDを使って解除する場合は、そのままホームボタンに触れて指紋認証を利用して解除します。

上記いづれかの方法でロックは解除され、メモを見たり編集したりできるようになります。
見終わった(編集が済んだ)メモを、忘れずに再度ロックをかけておきましょう。

memo-lock-unlock_6

メモのロック解除ができなくなったら

大切なメモにロックをかけて、万が一ロック解除ができなくなった時どうすれば良いのでしょうか?

あまり無いケースかもしれませんが…
・設定したパスワードを忘れた
・Touch IDが反応しなくなった
が、同時に起こってしまうと解除が困難になってしまいます。

もし、ロック解除ができなくなった場合は設定アプリからパスワードのリセットを行いましょう。

設定アプリを起動

メモ

パスワード

パスワードリセット

の順番で進みます。
最後にAppleIDのパスワードを入力すると、メモアプリのパスワードが解除されます。

また、同じ画面でパスワードの変更も行えます。
パスワードを変更したい場合も、上記の手順ですすみ設定の変更を行ってください。


memo-lock-unlock

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です