シークレットモードで検索する方法【iPhone / iOS9〜 / 3D Touch対応】

search-incognito-private-mode


Googleは2009年12月のオフィシャルブログで、“パーソナライズ検索”の導入を発表しました。

Personalized Search for everyone(パーソナライズされた検索をすべての人に)』と題されたこの記事は、これまでの検索エンジンのアルゴリズムに大きな変化をもたらすものとなりました。

現在Googleの検索結果は、ユーザー情報・位置情報・過去の検索履歴など様々な個人情報を元にパーソナライズ(個人最適化)された検索結果が表示されるようになっています。

普段は自分に合った情報が優先して表示されるので便利なのですが、純粋な検索結果が返されないという側面もあります。

特に自分でブログやウェブサイトを運営している人や、ネットでトレンド検索するマーケティングやリサーチ担当の人は純粋な検索結果を表示したい時が多いでしょう。

そんな時、手軽に純粋な検索結果を表示させる方法としてシークレットモードがあります。

シークレットモードは、「ブラウザの使用履歴や検索履歴が残らず、ウィンドウを閉じると記録がパソコンから消去される」ように設定されています。

よって、パーソナライズ機能が働く可能性が低くなります。
(完全にオフになるわけでは無いようなのでご注意ください)

今回はiPhoneでGoogle ChromeやSafariを利用して、シークレットモードを使う方法をご紹介します。



Safariでシークレットモードを使用する

iPhoneやMacの標準ブラウザである、Safari(サファリ)を使ってシークレットモードを起動する方法です。

Safariアイコンをタップしてアプリを起動します。
画面右下のタブのアイコンをタップします。
search-incognito-private-mode_2

画面の左下にプライベートモードが表示されるのでタップします。
search-incognito-private-mode_3

これでプライベートモード(シークレットモード)に切り替わります。
(メニュバーの背景がグレーがかっている時がプライベートです)
search-incognito-private-mode_5

あとは普段通り、+アイコンからタブを起動して検索を行いましょう。

また、3D Touch対応のiPhoneをお持ちの場合はワンタッチでシークレットモードを起動することができます。
サファリのアイコンを強く押すと、新しいプライベートタブが表示されるのでそこをタップしましょう。

search-incognito-private-mode_6


Google Chromeでシークレットモードを使用する

今やIE(インターネットエクスプローラー)を抜いて、トップシェアを誇るGoogle謹製ブラウザのChrome。
iPhoneでも利用している人は非常に多いようです。

参照:ブラウザのバージョン別シェアの統計情報

Chromeアイコンをタップしてアプリ起動します。
画面右上の3点アイコンをタップします。
search-incognito-private-mode_7

メニューが表示されるので「新しいプライベートタブ」をタップします。
search-incognito-private-mode_8

シークレットモードに切り替わります。
(メガネ+帽子のアイコンが表示されているのでSafariよりも分かりやすいですね)
search-incognito-private-mode_9

URLやキーワードを入力すれば、シークレットモードで検索ができます。

Google Chromeも先日3D Touchへの対応が完了しています。
アイコンを強く押すと、ワンタッチでシークレットモードを起動することができます。

search-incognito-private-mode_10

まとめ

以上がSafariとGoogle Chromeを利用した、iPhoneでのシークレット検索方法です。

冒頭でもご紹介したいように、パーソナライズ機能が完全にオフにはなってませんが比較的フィルターがかかっていない検索が返ってきます。

スマホでちょっとした時に、パーソナライズされていない検索結果を表示したいときはぜひ使ってみてください。


search-incognito-private-mode

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です