【フリック入力】日本語かな入力をフリックのみにする方法



文字入力をする際、スマホのフリック入力を利用している人は多いと思います。

最近は大学の論文もパソコンではなくスマホで書いちゃう時代ですから、そんな人は日頃から高速フリック入力でバリバリ文字を打っているはずです。

そんな高速フリック入力をする人にとって邪魔なのが、連打によるかな変換です。

携帯時代の名残からか…iPhoneのかな入力も連打変換に対応しています。

フリック入力で連打変換が設定されていると、「はははは(笑声)」や「たたかい」などの文字入力の際に微妙なタイムラグが発生します。

フリックを多用する場合は、連打変換はオフに設定し"フリックのみ”にしておいた方が良いでしょう。

“フリックのみ”に設定する方法

フリックのみにしたい場合は、設定アプリから変更を行います。

設定アプリを起動

一般

キーボード

の順に進み「フリックのみ」をオンにしましょう。

(スイッチが緑=オン)

これで連打変換が無効化され、さらなる高速フリック入力が可能となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です