気になるガジェット『マイクロソフト バンド2』



2015年10月にMicrosoftから発売された、マイクロソフト製のスマートウォッチ『Microsoft Band2』。

『Microsoft Band2』は、マイクロソフト製のスマートウォッチの第二世代です。
日本での発売は未定ですが、最近発売の噂をちらほら見かけるようになってきました。

今回は気になるガジェット『Microsoft Band2』をご紹介します。

Microsoft Band2の特徴

『Microsoft Band2』は、マイクロソフト製のスマートウォッチの第二世代です。
日本での発売は未定ですが、最近発売の噂をちらほら見かけるようになってきました。

曲面ディスプレイと洗練されたデザインが目を引きますが、一番の特徴は搭載されているセンサーの数です。

Microsoft Band2には11種類のセンサーが搭載されており、装着時の体調を細かく記録してくれます。

バッテリー駆動時間も48時間(2日)と長く価格も魅力的です。

米国では2015年の10月より先行予約→発売がされましたが、日本で未発売となっています。



Microsoft Band2とAppleWatchの比較

気になるのは、AppleWatchとの違いです。
最初見た時は、思わず「AppleWatchよりかっこいいのでは!?」と感じてしまいました。

機能面や何ができるか?についても調べてみましたが、冒頭ご紹介したとおり多くのセンサーを搭載しておりフィットネス面での機能が特に優れています。

AppleWatchに搭載されているセンサー系が4つなのに対し、Microsoft Band2には11個ものセンサーが使われているのが印象的でした。

Microsoft Bnad2に使われているセンサー【11種】

1)GPS
2)紫外線センサー
3)3軸加速度/ジャイロスコープ
4)ジャイロメーター
5)光学式心拍センサー
6)環境光センサー
7)皮膚温度センサー
8)静電容量センサー
9)ガルバニック皮膚反応センサー
10)マイク
11)気圧計

スマートウォッチとしては、バッテリー持続時間も長く、公式で48時間とされています。
気になる価格は、249ドル(約29,800円)です。

本記事執筆時点ではセールが行われており、Microsoft公式サイト(米国)では199ドルで購入出来ます。
参照:Microsoft公式サイト

microsoft-band2

AppleWatchに使われているセンサー【5種】

対するAppleWatchは、日本の販売価格が42,800円です。(38mmアルミケース×スポーツバンドの価格)

搭載されているセンサーは5種類となっています。
1)心拍センサー
2)加速度センサー
3)ジャイロスコープ
4)環境光センサー
5)マイク

公式のバッテリー最大駆動時間は18時間です。
参照:Apple公式サイト



Microsoft Band2は何ができるのか!?

Microsoft Band2では、多くのセンサーを駆使して様々な活動データをスマホで管理することができます。

歩数、カロリー消費、心拍数など、基本的な活動データはもちろん測定可能です。
GPS搭載なのでルートマップの作成や、紫外線モニター機能なども前モデルから引き継いでいます。

また、Microsoft Band2の内側に搭載された気圧計により最大酸素摂取量(VO2MAX)の測定も可能になりました。

↑測定したデータは、マイクロソフトのフィットネスプラットフォーム『Microsoft Health』に保存されます。
Bluetooth通信により、iPhone、Androidスマホ、WindowsPhoneと連携/チェックが可能です。
(端末との連携は必須)

筆者はAppleWatchの前に、ナイキ製の『FuelBand(フューエルバンド)』を運動データ管理に使っていました。
フューエルバンドと比較しても、非常に多くの運動データを管理/保存することができます。

NIKE+ FUELBAND SE シルバー M/L【正規品※国内流通版】

microsoft-band2_2

音声操作、SNSとの連携も可能

端末の画面は『ゴリラガラス3』を採用した曲面ガラスで非常に頑丈。
また、有機ELカラーディスプレイなのでコンパクトで画面も綺麗です。

Microsoft版のSiriである『Cortana』による音声操作にも対応します。

スマートウォッチとしての機能も備えており、メールやスケジュール・SNSを確認することが出来ます。

ホリエモンこと堀江貴文さんも、Microsoft本社にて試着を行い機能など満足しているようです。
ご自身のメルマガでも、今週のおすすめガジェットとしてご紹介されています。

参照:「堀江貴文のブログでは言えない話」Vol,309
登録は↑からどうぞ♪
月額840円で、かなり読み応えのある記事が毎週月曜に届きます。

microsoft-band2_3

Microsoft Band2を購入したいときは!?

現在日本では未発売ですが、近々発売の噂もあるので実機を触るのが楽しみです。

ちなみに、Amazonでは並行輸入品(やや高額ですが)の購入は可能です。
かなり価格を上乗せしてあるので、個人的にはeBayで信頼できるバイヤーさんから購入したほうが良いと感じました。

・日本のAmazon価格→4万円中盤
eBayでの価格→2万円後半+日本までの送料(50ドルくらい)
※関税については、購入者側で支払いが必要になる場合がありますのでご了承ください。

Microsoft Band 2 / マイクロソフト バンド 2 iPhone / Android / Windows Phone 対応 (Medium) [並行輸入品]

またMicrosoftのHPからも直接購入できるようです。
現在はセール中で、199ドル(約50ドル割引)で購入可能となっています。
(↑購入にはMicrosoftアカウントが必要になり、日本への発送を行ってくれるか?は未確認です)

microsoft-band2_4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です