Appleの「マジックキーボード」「マジックトラックパッド2」「マジックマウス2」の分解画像が公開



参照サイト:Cult of Mac(※画像も参照元より引用)

Apple製品の分解を専門に行う、iFixit

・マジックキーボード
・マジックトラックパッド2
・マジックマウス2

分解映像を早速公開しています。

今回新作Macと同時に発表された、こちらのマジックシリーズはすべて充電式に変更されてます。

マジックキーボードは、iPhoneとも連携します。
iPhoneを利用してブログなどを更新する方にはおすすめなアイテムです。



マジックキーボード

magic-keyboard-780x388

新しいマジックキーボードには、793mAhのリチウムイオン電池、ロジックボード、Lightningコネクタなどが使用されています。

キーボードの構造は、新MacBookに使われているAppleが再設計した“バタフライ構造”が採用されています。

マジックトラックパッド2

Taptic-engine-780x585

マジックトラックパッド2は、2024mAhのリチウムイオン電池やTapticエンジンなどが使われています。

iFixitによると、高額になった割には内部構造に劇的な変化はないとのこと。

新MacBookや新型MacBook Proに搭載されている、感圧タッチは採用されています。



Magic Mouse2(マジックマウス2)

magic-mouse-2-780x617

マジックマウス2には、1986mAhのリチウムイオン電池が使われており内部構造が大きく変更されています。

Lightningケーブルを差し込む位置については、Appleファンの間では色んな意見があるようですが…

一度の満タン充電で、約一ヶ月使用できるので個人的には問題ないと感じています。

新しくなったこれらの、マジックシリーズはApple公式サイトから購入できます。
リンク先:Apple公式サイト(アクセサリ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です