Apple A9チップの性能の違いについて正式に認める、性能の差は2~3%

a9-chips-2-3


ここ数日、新型iPhoneのチップ性能のNewsをよく見かけます。

海外のApple情報を専門にあつかうサイトでも、


“チップの違いでバッテリー持ちが2時間程度差がでる”
“熱効率に差があり3℃程度温度が違う”


など、様々な検証がされています。

このiPhone6s/6sPlusのチップ性能の問題について、Apple担当者が公式に回答を行いました。

Appleの担当者によると、最近行われている様々な検証は
「iPhoneへ非現実的な負荷をかけたテストのため実際の使用環境を再現できておらず意味が無い」
といった見解です。

iPhone6s/6sPlusに搭載されているA9チップは、現在のスマートフォンようチップでは世界最高水準としたうえで
メーカーの違いによって、2〜3%の性能の違いしかないとしています。

参照サイト:Apple Insider


a9-chips-2-3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です