3D Touch の使い方 iPhoneのキーボードをトラックパッド化する方法



iPhone6s/6sPlusで一番便利な機能は、3D Touchです。

iPhoneで3D Touchができるようになったことで

・アプリの切り替え(マルチタスク)
・メールやWebサイトのブラウジング
・地図アプリの利用
・アプリのクリックアクション

などなど、様々な機能が非常に使いやすくなりました。

3D Touchの機能の中で、個人的に一番便利と感じたのが
キーボードのトラックパッド化
です。

この機能によって、iPhoneのキーボードが驚くほど便利で使いやすくなりました。
正直、これだけでもiPhone6sを購入する価値があります。

特にiPhoneを頻繁に使う人ほど、時間の短縮にもなるのでぜひ覚えておくと良いでしょう。

キーボードをトラックパッド化する方法

トラックパッドって何??

まずは、Macのトラックパッドについて簡単に解説しておきます。

トラックパッドとは、MacBookなどについているこれ↓のことです。

3dtouch-trackpad_2
Apple Magic Trackpad MC380J/A
Apple Magic Trackpad MC380J/A

posted with amazlet at 15.09.30
アップル (2010-07-29)
売り上げランキング: 2,090

Mac用のトラックパッドは別売りされており、iMacなどと簡単に接続することが出来ます。

トラックパッドは、指をつかった様々な操作に対応しています。

この便利なトラックパッドの機能が、ついにiPhoneでも(一部)使えるようになりました。

一部”と書いているとおり、Macのトラックパッドと現状のiPhoneでは、かなり使い勝手は異なります。

しかし、今後iOSとiPhoneの進化でその差は限りなく“0”に近づいていくでしょう。

現状は、3D Touchの機能で「iPhoneのキーボードがトラックパッドっぽく使える」といった状態です。

では早速、その使い方をご紹介します。



キーボードをトラックパッド化して使う方法

キーボードのトラックパッド化は、

メモアプリでの文字入力中
SafariのURLの編集

など、キーボードを利用できるあらゆる場面で使うことができます。

Peekする
~キーボードがトラックパッドに~

キーボードが表示されている状態で、キーボードの上を軽く押し込みます。(Peekする)

すると、キーボードが文字が消えてトラックパッド状態に変わります。

この時、指を離さずに上下左右に動かすことでカーソルを自由に動かすことができます。

3D Touchが登場するまでは、長押しして虫眼鏡状態にしてのカーソル移動しかできませんでした。

劇的にカーソルの移動が簡単になります。

Popする
~文字の選択も驚くほど簡単に~

さらに、トラックパッドの状態で強く押し込みます。(Popする)

カーソルが選択状態に変わり、文字の選択までできるようになります。

こちらも今までは、虫眼鏡状態にして行わないとできなかった操作です。

慣れるまで少し時間がかかりますが、ぜひ練習してマスターしてみてください。



SNSやブログもiPhoneで更新

トラックパッド化は、ランドスケープ(横画面)状態のキーボードでももちろん大丈夫です。

操作に慣れてしまえば、文字入力や編集が気持ちいいくらいサクサクできるようになります。

Instagram(インスタグラム)Twitter(ツイッター)などのSNSで長文を投稿するとき。

iPhoneを使って、ブログを更新するとき。

文字を書く仕事をしている人、SNSを頻繁に投稿する人は、仕事や投稿がはかどること間違いありません。

今までは、「ちょっとした作業や編集もiPadやMacで」だった人もiPhoneだけで作業が完結するようになります。

このキーボードのトラックパッド機能は、iOSとiPhoneのアップデートで進化する可能性が高いです。

パソコンを使わない未来も、すぐそこかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です