映画「Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)」を無料で観る方法

steve-jobs-movie


先日、Amazonの動画ストリーミングサービス「プライムビデオ」がスタートしました。

プライム会員であれば、無料でサービスを使えるので利用者がどんどん増えています。
参照記事:Amazonの動画ストリーミングサービス『プライム・ビデオ』の使い方

Amazonビデオはオフライン再生に対応しているので、移動中でも快適に動画を楽しむことができるのも大きな特徴です。

筆者も現在、毎日利用しています。

本日も「何か面白そうな動画無いかなぁ…」とアプリ内を探していましたが、アップルファン必見の動画を発見しました。

映画『スティーブ・ジョブズ』です。

筆者は他にも、NetflixHuluも利用していますがスティーブ・ジョブズは観ることができませんでした。
dTVでは閲覧可能です)

映画が公開されたのは2013年。

映画を見逃していて、現在AmazonビデオやdTVを利用している方はこの機会に観ることをおすすめします。

AmazonプライムやdTVには、お試し期間が設けられています。
それらを利用すれば、無料で映画の視聴も可能です。



映画のあらすじ

物語は、スティーブ・ジョブズiPodの発表を行うシーンからスタートします。

リード大学を退学する学生時代

ウォズと出会いAppleを創立

AppleⅡで大成功

Appleから追放

AppleのCEOとして復活

でストーリーが進みます。

常識にとらわれず、自分の価値観を貫き、理想を追い求めたジョブス。

iPodやiPhoneといった、人々の生活を劇的に変えてしまうようなデバイスを発明しました。

しかし、その人生は成功と挫折の繰り返しでした。
シリコンバレーの寵児と呼ばれながらも、自ら創業した会社Appleを追放されてしまいます。

類稀なる創造力とリーダーシップによって、”世界を変えた”ひとりの天才の半生を描いた注目作です。

映画詳細

監督
ジョシュア・マイケル・スターン

再生時間
2時間7分

提供
GAGA株式会社

公開年度
2013年

主演
アシュトン・カッチャー

カスタマーレビューの星数
平均3.6/5


映画の楽しみ方

YouTubeでスティーブ・ジョブズのiPhoneやiPodの発表の様子など見ることができます。

興味のある方は、それらのプレゼンも見てみるとより深く映画を楽しむことができます。

ジョブスのプレゼンは非常にエキサイティングで、今なお多くの方がプレゼンテーションの手本としています。

また、ウォルター・アイザックソン氏の著書“スティーブ・ジョブズ(上下)”を読むと映画ではカバーできなかった
スティーブ・ジョブズの物語の細部まで知ることができます。

2001年のiPodの発表

2007年のiPhoneの発表

関連商品

スティーブ・ジョブズ I
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 2,030
スティーブ・ジョブズ II
ウォルター・アイザックソン
講談社 (2011-11-02)
売り上げランキング: 3,003
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
カーマイン・ガロ
日経BP社
売り上げランキング: 1,652

steve-jobs-movie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です