iPhoneの選び方 2015 ~iPhone6s編~

iphone_2015


2015年9月10日、今年も新型iPhoneが発表されました。
iPhone6sとiPhone6s Plusです。

新型iPhoneへの買い替えや機種変更をお考えの方も多いと思いますので、今年も『iPhoneの選び方 2015』として記事を書こうと思います。
※この記事は本サイト「iPhoneの選び方」の内容を、iPhone6sに合わせて加筆修正しています。

それでは早速、自分にピッタリのiPhoneに出会うために検討を始めましょう!

自分に合ったiPhoneを購入するためには、3つのポイントについて考える必要があります。


step1:iPhoneのモデルを決める
step2:iPhoneの色を決める
step3:iPhoneの容量を決める


この3つです。
では早速どのモデルにするか、から考えていきましょう。

STEP1:iPhoneのモデルを決める

現在、アップルストアや日本のキャリアショップ(SoftBank、au、docomo)で購入できるiPhoneは
・iPhone6s/6s Plus
・iPhone6/6 Plus
・iPhone5s

の3つのモデルです。

えっ!?最新のiPhone以外も新品が買えるの?と思った方もいらっしゃると思いますが、ここ数年は2モデル以前のiPhoneまでであれば新品購入が可能です。

予算や使い方によっては、最新のiPhoneを買うことが必ずしも最適解ではありません。

iPhone6s/6sPlusを選ぶ

iphone-2015_2

「iPhone6と6sは何が大きく変わったのか?」
iPhone6/6PlusとiPhone6s/6sPlusでは、大きくどこが進化したのでしょうか。

iPhoneを適切に選ぶためには、最新のiPhoneについて理解を深める必要があります。

最新のiPhoneにだけ搭載されている機能やポイント

・3D Touchという次世代のマルチタッチ技術
・カメラ(背面もフロントも)が大きく進化した
・新色ローズゴールドが増えて4色になった

細かいことを言い出すとキリがないので…
この3つにポイントだけは、最低でも理解しておきましょう。

3D Touchとは?
3D Touchとは、今までのiPhoneのタップ(画面を触れている状態)に加えてDeep Touchという強く触れる(押しこむ)ことを感知できるようになった機能のことを指します。

この機能により、メールの操作やFacebookなどのアプリケーションの操作性が大きく向上します。
最新の技術に触れたい、テクノロジーやガジェット好きの方は最新のiPhoneを購入したほうが良いでしょう。

カメラは何が進化したの?
iPhone6→6sへのカメラアップデートは、iPhone4s以来の大きな進化です。
背面のiSightカメラは800万画素が1200万画素に。
フロントカメラも1.2メガから5メガピクセルになりました。

また、4K動画が撮影できるようにもなりました。
写真や動画を多く撮る人や、セルフィー(自撮り)が好きな人はiPhone6sが絶対良いと思います。

新色が増えて4色から選べます
iPhone6sは、前モデルの3色展開から4色展開になり新色ローズゴールド(ピンク)が追加されました。

カバーをつけないiPhone裸族の方でピンクが好きな方は、アップデートを検討しても良いかもしれません。
また、男性でもアリとの意見もあるのでファッション性の高いスマホが好きな方にとってもいい色だと思います。

少し長くなりましたが…

・3D Touchという次世代のマルチタッチ技術が搭載された
・カメラ(背面もフロントも)が大きく進化した
・新色ローズゴールドが増えて4色になった

この3つの中のいづれか(もしくはすべて)に魅力を感じる方は最新のiPhone6s/6sPlusの購入の一択です。

iPhone6/6Plusを選ぶ

iphone-2015_3

過去の“iPhoneの選び方”でのご紹介したとおり、iPhoneの新モデルが出ると買い替えの需要によって過去モデルのiPhoneが安く購入できるようになります。

例えばiPhone6/6Plusは、9月9日までは
iPhone6…86800円〜
iPhone6Plus…98800円〜
で販売されていました。
※Apple Store新品(16GB)の価格。

これが現在では
iPhone6…74800円〜
iPhone6Plus…86800円〜
に値下がりしています。

一万円以上安くなっていますね。
先程紹介した新型iPhoneの機能にそこまで魅力を感じないようであれば、iPhone6を購入するのは非常にコストパフォーマンスの高い選択肢だと言えます。

iPhone5sを選ぶ

iphone-2015_4

iPhoneを愛する方達の中に、4インチ以上の大画面を好まない人も少なくありません。

4.7インチの大画面iPhone(iPhone6/6Plus)は、世界中で大ヒットしましたが
・大画面になってAndroidのスマホみたいになった…
・片手で操作できなくなって使いづらい…
といった意見も多数あるのは事実です。

また、iPhone6も6sも背面のiSightカメラが出っ張っています。
これは、早く改善して欲しいです…

以上のようにスティーブ・ジョブズ時代のiPhoneに対するこだわりが大きい方にとってはiPhone5sが現状最高のiPhoneかもしれません。

その他注意点

また、iPhone6/6PlusとiPhone5は
・ゴールドモデル
・最大容量モデル
の販売が終了しています。

ゴールドモデルが欲しい方や、128GBなど大容量のiPhoneを求める場合も最新モデルを選択する方がベターでしょう。
※iPhone6sの発売に伴ない、iPhone6/6Plusの128GBとiPhone5sの64GBは購入できなくなりました。



STEP2:iPhoneの色を決める

iphone-2015_5

どのモデルにするか決めたら、次は“iPhoneの色”を選びましょう。

iPhone6s/6sPlusは
・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
・ローズゴールド
の4色から

iPhone6/6PlusとiPhone5sは
・シルバー
・スペース
の2色から

お好きな色を選んでください。

本体カラー以外にもiPhoneは、ディスプレイ側のベゼル部分(フチ)の色も違うので注意しましょう。
・シルバー
・ゴールド
・ローズゴールド
の場合ベゼル部分は“ホワイト(白)”になります。

・スペースグレイ
の場合はベゼル部分は“ブラック(黒)”になります。

ケースを付ける方は、ベゼル部分のカラーによってiPhoneの印象がかなり変わりますので慎重に選んでください。

iPhoneは多くの方が最低でも1〜2年程度は利用します。
色選びは特に慎重に行いましょう。

可能であれば、Apple Storeや各携帯キャリアの店舗へ足を運び実機に触れてみてください。

難しい場合は、Apple Store(Webの公式サイト)に「ギャラリー」と「360度ビュー」という機能があるのでそれを利用しましょう。
iPhoneの色を比べたり、様々な角度からiPhoneを見ることができます。

iphone-2015_7


STEP3:iPhoneの容量を決める

iphone-2015_6

最後にiPhoneの容量を選びます。
重要な考え方は「大は小を兼ねる」です。

予算に余裕があるのであれば、必ず最大容量のiPhoneを購入してください。

iPhone6sの容量ごとの価格設定は下記のとおりです。

・16GB…86800円
・64GB…98800円
・128GB…110800円

また先程もご説明しましたが、128GBモデルはiPhone6s/6sPlusでしか購入できません。

128GBのiPhone6/6Plusや64GBのiPhone5sがどうしても欲しい場合は、ヤフーオークションやAmazonなどのECサイトで購入しましょう。

容量検討の参考として、各コンテンツがどれくらいの容量を使うかをまとめておきます。

・音楽…1000曲で5GB程度
・写真…1000枚で3GB程度
・動画…10分で1GB程度
・映画…1作品2〜4GB程度(時間とSDかHDかによりかなり違います)

また最新のiPhone6s/6Plusは「4K動画の撮影」や「Live Photos」といった機能があります。

これらの機能は、iPhoneの容量を大きく専有してしまうことが予想されます。
特に動画をたくさん取る方は、16GBのiPhoneは購入しないほうが良いでしょう。

自分がどんなことでiPhoneを利用したいかをじっくりと考え、容量の選択を行ってください

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
2007年スティーブ・ジョブズとAppleによって、iPhoneは創られました。

「こんなもの売れないだろう」と多くの専門家が否定する中、iPhoneは現在までに7億台(累計)を超える売上を記録しています。
名実ともに、世界でもっとも売れているスマートフォンです。
参考記事:「iPhone」の累計販売台数は7億台を突破 − Appleが今日明らかにした各種数字のまとめ(気になる、記になる…より)

iPhoneは本当に優れていて、人々の生活を豊かで素晴らしいモノに変えてくれます。
そんな我々にとって、相棒のような存在のiPhoneだからこそ長く使えるように慎重に丁寧に選んでいただきたいと思います。

・iPhoneのモデルを決める
・iPhoneの色を決める
・iPhoneの容量を決める

ご自身のライフスタイルに合わせて、最高のiPhone(相棒)を選んでください。

また、下記の記事もiPhoneを選択するうえで参考になると思います。
興味がある方は、ぜひご覧ください・

SIMフリーのiPhoneとは!?
iPhoneを買う
iPhone6s 発売前2ヶ月。そんな今だけど、6 or 6Plusの購入を検討している人が知っておくべきこと


iphone_2015

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です