3秒でiPhoneのカメラを起動する方法



Photo:Yegwa Ukpo

「あっ、今の瞬間カメラで撮りたかったのに…」

スマートフォンが普及してから、カメラはより身近になりました。
日常の様々なシーンを撮影する人も多いと思います。

iPhoneでシャッターチャンスを逃さない為の、3秒でカメラアプリを起動する方法を紹介します。

3秒でiPhoneのカメラを起動する

step1:スリープ状態のiPhoneの画面を起動する。
   (ホームボタンや電源ボタンを押してスリープ状態から起動します)

Step2:右下のカメラアイコンを↑に向かってフリックする。
   ※ホームボタンを押して起動した場合は、指紋認証をさせないように注意してください。

step3:あとは撮影するだけ
   カメラアプリが起動しますので、あとはいつも通り撮影するだけです。

camara_start

※以上の方法で実際にカメラを起動する時間を計測しました。2.70秒で起動までいけました。

慣れればとても簡単です。
注意点は、step2に記載しているようホームボタンに指をのせすぎると指紋を認証しログインしてしまうことです。

さっと指を離すと上手くいきます。
これでシャッターチャンスを逃すことが減らせると思います。

ぜひ覚えておいてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です