iPhoneを使ってウォール・ストリート・ジャーナルを読もう!



最近、日経新聞社の英フィナンシャル・タイムズ買収が大きくnewsになりました。
参考記事:デジタルが促す大競争 日経、英FTを買収~メディア、国境越え読者争奪~※日経新聞より

読者の皆様の中にも、話題のフィナンシャル・タイムズやWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)などの海外メディアを読まれてる方も多いと思います。

筆者もウォール・ストリート・ジャーナルを読んでおりますが、日本で報道されるニュースとは取り上げられるテーマや報道の視点が異なるのでとても勉強になっています。
ウォール・ストリート・ジャーナルのiPhone(iPad)アプリは、最近アップデートが重ねられ、とても使いやすくなっています。

また、アメリカ版だけでなく「日本版」「アジア版」「ヨーロッパ版」とコンテンツが充実しているのも特徴です。

今回は、そんなコンテンツの充実しているWSJを使い倒す方法をご紹介します。

※8/1冒頭部分を加筆修正しております。

WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)とは!?

まずはじめにウォール・ストリート・ジャーナルについて知りましょう。
ウォール・ストリート・ジャーナルとは、世界有数の経済ニュースと情報を提供するメディア会社「ダウ・ジョーンズ」の日刊経済新聞です。

冒頭ご紹介したように、アメリカ版・アジア版・ヨーロッパ版だけでなく、日本版・オンラインのドイツ版など様々なバージョンがありニュースが非常に豊富です。
各版取り扱うジャンルも様々です。
「ビジネス」「マーケット」「IT」「国際」「ライフ」などがあり、世界中の情報を知ることができます。

日本にいて日本のメディアばかりだと、どうしても国内のニュースや価値観に偏りがちになってしまいます。
世界でどんな事が話題になっているかを知り、ぜひ日々のビジネスや生活に役立ててください。



iPhoneで活用する方法

もちろんIOSアプリもリリースされています。
iPhoneでウォール・ストリート・ジャーナルを読むときはニューススタンドを使います。

App Storeで「ウォール・ストリート・ジャーナル」と検索するすぐに見つけることができます。
インストールすると、ニューススタンドに表示されます。

wsj1

会員登録(有料)するとすぐに使いはじめることができます。

筆者の考える活用法は、まずこちらのニューススタンドでアジア版やアメリカ版に設置しておくことです。
何で?と思われる方も多いと思いますが、ニューススタンドの日本版が使いにくいのが最大の理由です。

↓の画像でお分かりいただけると思いますが、ニューススタンドの日本版はカテゴリーが非常に少ないです。
目的のニュースや好きなジャンルをピンポイントで見つけにくいのです。

wsj2

アジア版やアメリカ版はカテゴリーも豊富ですし取り扱うニュースも異なります。
英語の勉強にもなるので、ニューススタンドアプリではぜひ海外版を利用してみてください。

ちなみに、筆者は英語の勉強のためにアジア版のTechのジャンルを良く見るようにしています。
好きなジャンルであれば、書いてあることもなんとなく理解できるので読んでいて楽しいと思います。



日本版はどうやって読むか?

では、日本版のニュースはどうやって読むのでしょうか?

日本版はSafariを利用します。
Safariでウォール・ストリート・ジャーナルのHPにアクセスします。
そこからホーム画面にアイコンを追加しましょう。

wsj-3

そうすることで、ホーム画面から日本版のウォール・ストリート・ジャーナルにすぐにアクセスできるようになります。
Webの日本版は、カテゴリーが豊富なのです。

Web版はスマホの画面に最適化されているので、閲覧もしやすくカテゴリーから好きな情報にアクセスしやすいです。
ちょっとして移動時間や待ち時間をつかって、情報を知ることが出来ます。

また、海外でのニュースの内容と比較することでどんな視野も拡がると感じています。

ウォール・ストリート・ジャーナルの閲覧環境

ウォール・ストリート・ジャーナルをご利用の方は、この方法をぜひ試してみてください。
今まで以上に情報収集が捗るようになります。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、PC(Web)版もありますのでパソコンやMacをお持ちの方はそちらでもご覧頂けます。
iPadのニューススタンドもあり、こちらは一週間前のニュースまでさかのぼることができます。

iPadの場合は、ご紹介したようなiPhoneでの活用法が同じように使えます。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、有料ですが現在キャンペーンでお得に利用を開始できます。
最初の2ヶ月が800円/月とかなり良心的な価格設定になっています。

一週間あたり100円で読めるので、個人的に試してみない手はないと思います。
ニュースキュレーションアプリが流行している今だからこそ、人と違った情報ソースを持ってみてください。

きっと人生が好転しはじめると思います。

購読はこちらからWSJ申し込みURL

IMG_0181

日経新聞アプリを使ってFT(フィナンシャル・タイムズ)を読む

冒頭ご紹介した日経新聞のiPhoneアプリもお勧めです。
以前、お勧めのポイントもまとていますのでぜひ御覧ください。
日経新聞電子版のiPhoneアプリをおすすめする3つの理由

↑の記事では取り上げていませんが、Myニュースの連載・コラムの中に「Financial Times」というコラムがあります。
こちらでFTの記事を読むことが出来ます。

少ししか調べていませんが、現在FTを読む為のニューススタンドやアプリが無いようです。
FTの記事を日本語で読むには、現時点ではベストな選択肢かもしれません。

もう少しググってみて、また情報を更新致します。
※2015/8/1現在


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です