IOS9の9つの特徴



6月9日の午前2時、WWDC2015が開催されます。
今回のWWDCでは、BeatsMusicのサービスを進化させた「Apple Music」や「IOS9」「新しいApple TV」などの発表が予想されています。
(Apple TVの発表は雲行きが怪しくなってきました…)

Appleの情報を専門に取扱っている9to5Macに、IOS9に関する情報が記載されていました。
今回はそちらの情報を参考に、IOS9で追加される機能を9つ紹介します。

※今回のWWDCの開場↓。準備も整いつつ有ります。

20150605_2

IOSにもコードネーム

まず今回のIOSから、Mac用OSと同じようにコードネームが付けられるそうです。
IOS9は「Monarch(モナーク)」と呼ばれています。
モナークとは、英語で「君主」という意味です。
Appleが使うコードネームで「君主」はしっくりきませんので、恐らく蝶々の種類のモナークが語源だと思います。

20150605_3

IOS9は、肥大化していたIOS8までと違いOSの容量を軽減してあることが特徴のようです。
容量が軽減されているということは、ストレージが少なめの旧式デバイスにも優しいつくりということです。
iPhone4SやiPad2でも、快適に使える設計になる可能性が高いですね。

パフォーマンスの向上、クラッシュ率の低下

IOS7の時のような、見た目や使い方の大きな変更は少ないようです。
今回のバージョンアップ目的は、パフォーマンスの向上やOS自体の品質安定にフォーカスされているそうです。

アップルのエンジニアチームは、今回のバージョンアップでファイルサイズの低減、クラッシュ率の大幅な低下、バグ修正の質の向上にポイントを絞っていると報じられています。

フォントの変更

現在のMacOSやIOS8.3(最新バージョン)には、「Helvetica Neue」というフォントが使用されています。
一部のユーザーからは見にくい・使いにくいとの声も上がっているようです。
このフォントがIOS9では「San Francisco」というAppleオリジナルのフォントにに変更されるそうです。

このSan Franciscoは、現在のApple Watchで使われているフォントです。
フォントの変更はシステム上ハードルが高いらしいので、変更される可能性は五分五分といったところでしょう。

20150608_6


Mapアプリの機能改善

IOS7以降アップルは、Google Mapを捨て独自のMapアプリを構築してきました。
今回のアップデートでMapアプリの大幅な機能強化が行われるようです。
一番大きな機能強化としては、「公共交通機関の乗り換え案内」が挙げられます。

iPhoneユーザーでも、マップアプリはGoogle Mapsという方が多いと思うので今回の変更でアップルのマップアプリユーザーが増えるといいですね。

SIriの強化

Google Nowに対抗してSiriの機能も強化されるようです。

「Calendar」「Passbook」「Contacts」などの純正アプリだけでなく、サードパーティ製アプリからも必要な情報を利用するようなります。
SIri独特のユニークな対応と質の高い音声認識機能にプラスして、上記の情報を使ったタイムリーな返答が返ってくることが期待されます。

セキュリティの大幅な向上

セキュリティ機能も大幅な向上が行われるようです。
マルウェア対策、iCloudドライブの安全性向上、Wi-Fi利用時の安全性の向上など様々な対策がとられると報じられています。



ホームキットApp

アップルもIoTに本格的に力を入れはじめています。
屋外から(インターネットでつながる)家庭内のデバイスにアクセスできる、「ホームキットApp」が発表される可能性が高いです。

現在スマートホーム市場が、日米で注目を集めています。
iPodの発案者としても知られるトニー・ファデル氏が立ちあげた新会社「Nest Labs」。
ウェラブルデバイスや人工知能を使って、新しいエコシステムを確立しはじめているとメディアに取り上げられています。

アップルが既存のデバイスを使ってどんなサービスを展開するか楽しみです。

20150608_4

Force Touch(フォースタッチ) のサポート

AppleWatchで話題になっている、フォースタッチの技術がIOS9でサポートされます。
次期iPhoneにて実装されそうなので、こちらも楽しみです。

iPhoneの画面をグッと押しこむ操作が増えるので、操作の幅が広がりそうですね。

20150608_5

新しいキーボード

最後の9つ目の機能はキーボードについてです。
IOS9でキーボードデザインも、大きな変更が加えられるようです。

shiftキーの改善/向上や新しいキーが追加になるなど、タイピングしやすさを重視した変更になりそうです。
併せて見た目もカッコよくなる可能性が高いようです。

以上9つが、今回の発表で期待される新機能です。
IOS7の時の大きな見た目の変化も好きでしたが、今回のように安定性を重視したアップデートも良いですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です