アプリ開発を行う方に朗報。App Store手数料引き下げが近い!?



5日英紙のファイナンシャル・タイムズは、米AppleがApp StoreとiTunesでアプリ開発者や音楽会社から徴収する手数料を引き下げることを検討していると報じています。

現在Appleは、App StoreやiTunesで売り上げたアプリや音楽に対して売上の30%を手数料として徴収しています。
これはiTunesがのサービスが開始した2003年から見直されていません。

しかし昨今では、GoogleやAmazonなどの競合他社がAppleよりも低い手数料でアプリや音楽の配信を行っています。
これらの他社サービスと競争力を高めるために手数料引き下げが検討され始めていようです。

優秀なアプリ開発者はベンチャー企業などは、Androidアプリから開発を着手しているケースが多いです。
これらの手数料見直しで、今後はIOSアプリが先行リリースされるような流れになるとiPhoneユーザーとしては嬉しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です