おやすみモードの使い方 | 適切な睡眠を確保するためのiPhone活用術



iPhoneにはおやすみモードという、設定があります。

コントロールセンターには、アイコンが設置されており簡単にアクセスできるのですが利用している人は少ないようです。

おやすみモードの設定を行い、適切に使うことで夜の大切な時間を有効に使うこともできます。

今回は、iPhoneのおやすみモードについてご紹介します。



おやすみモードの設定変更

おやすみモードの設定はカスタマイズ(変更)が可能です。

全部で4項目ありますので、早速項目ごとに設定してみましょう。

1)時間の指定
時間の指定をオン(緑の表示)にすると、指定した時間に自動でおやすみモードに切り替わるように設定できます。
規則正しく日々の生活をマネジメントしたい方や、緊急の連絡が原則夜に少ない方は設定しておくと良いでしょう。

開始時間と終了時間をそれぞれ設定できます。

2)着信を許可
「すべての人」
「だれも許可しない」
「よく使う項目」
の3つから選択出来ます。

すべての人を設定すると、おやすみモード中どんな番号からの着信も鳴ります。
だれも許可しないは、その通り誰からの着信も通知されません。
よく使う項目は、連絡先のよく使う項目に設定している番号のみ着信が通知されます。

通知されなかった着信は、おやすみモード解除後に知ることができますのでご安心ください。

3)繰り返しの着信
この設定をオンにすると、3分以内に2度同じ番号から着信があった場合は通知が表示されます。

4)通知
常に知らせないにチェックを入れておくと、iPhoneがロックしてない場合も通知が表示されません。
iPhoneのロック中のみ知らせないにすると、iPhoneをロック中のみ上記の設定が反映されます。

「iPhoneを使用中なら通知きてもいいよ」という人は、ロック中のみ知らせないにしておくとよいでしょう。

以上がおやすみモードの使い方と設定方法です。
かなり好みに合わせることができますので、睡眠が確保できるような設定にしておいてください。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です