iPhoneを失くした時に行う、5つの紛失対策



大切なiPhone。
肌身離さず大切に使っている人も多いと思います。

もちろん、失くさないように大事にしているのですが…

今回は、万が一iPhoneを紛失した場合にすぐに行うべき5つの行動をご紹介します。

iPhoneに電話をかける

まずは近くの公衆電話や友だちの電話を借りて、無くしたiPhoneに電話をかけましょう。

お店に忘れていたり、良い人が拾ってくれた場合はすぐに見つかる場合も有ります。

大切なiPhoneを無くしてしまうと焦ってしまいますが、まずは落ち着いて電話をかけましょう。



iCloudの「iPhoneを探す」にアクセスしてパスコードロックをかける。

Appleのサービス、iCloudにパソコン(もしくはタブレット、知り合いのiPhone借りても可)からアクセスします。

Apple IDとパスコードを入力しログインします。

URLは「https://www.icloud.com/」です

iPhoneを探すを設定していない場合
iPhoneを探すを設定していない場合は、以下の対策が取れません。
Appleサポートの「紛失したデバイスでiPhoneを探すが有効になっていない場合※ページ下部」を参照にしてください。

アイコンが沢山並んでいますので、iPhoneを探すを選んでください。
デバイスを選択できますので、無くしたiPhoneを選択します。

「サウンド再生」
「紛失モード」
「iPhoneの消去」

から、「紛失モード」を選択します。

support0002_2 support0002_3

電話番号の入力を求められます。

連絡してほしい電話番号を入力して次へで進んでください。

この項目は入力しなくても大丈夫ですが、家族や親しい友人の電話番号などを入力しておきましょう。

表示するメッセージを入力できます。

デフォルトでは
「このiPhoneは持ち主が紛失したものです。見つけた方はご連絡をお願いします。」

となっていますので、必要に応じて変更してください。

「完了」をタップするとiPhoneがロックされます。
ロックされたiPhoneにはメッセージと電話番号が表示されます。



iPhoneを探すで現在のiPhoneの位置を確認する

iPhoneを探すから、デバイスの現在位置を大まかに知ることができます。
(iPhoneがオンラインの場合)

最寄りの交番や心当たりのある場所があれば、あたってみましょう。

その際、交番に「遺失届」を出しておきましょう。

警察がiPhoneを見つけた場合は、キャリアから封書にて連絡があります。

封書が届くまでは少し時間がかかります。(10日以上かかることが多いようです)

iCloudからiPhoneを消去する

紛失モードとほぼ同様の手順で、遠隔でiPhoneのデータをすべて消去することができます。

パスコードロックだけでは不安な場合や、iPhoneのデータを悪用されたくない場合の最後の手段となります。

iPhoneがオフラインの場合でも、オンラインになった際にプログラムが実行されデータの消去が開始します。

バックアップなどを取っていれば後からデータは復元できます。

携帯電話の回線を停止する

キャリアにて(SoftBank、au、docomo)ご契約されている場合は回線を停止しておきましょう。

対応は各キャリアにて異なりますので、店舗スタッフへお尋ねください。

以上がiPhoneを紛失した際に行っておくべき対応となります。

iPhoneは様々なデータが入っています。

くれぐれも紛失や盗難に注意し大切に取り扱いたいところです。

また日頃から、こまめなバックアップと「iPhoneを探す」の設定を行うようにしましょう。

関連商品


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です