梅雨はすぐそこ。おさえておきたい天気系アプリ



梅雨ですね。
憂鬱ですね。

わたしは、子供の頃から天然パーマ男子なので梅雨が苦手です。
髪の毛がクルクルなってしまします。

冒頭から話がそれてしまいましたが、梅雨に向けて天気関連のアプリをご紹介します。

現在、筆者が頼りにしているのはLINE天気です。
アプリのレビューはあまり良くない(予報が外れるとの声も…)のですが、個人的には結構当たるので重宝しています。

恐らく地域によって精度が異なるのでしょう。

天気アプリは様々ありますので、色々試してみて精度が高いと感じるアプリをご愛用ください。

LINE天気のインストール

LINE天気はLINEタクシーとは異なり、ひとつのアプリです。
App Storeよりダウンロードして利用します。

検索ボックスに「LINE天気」と入れるとすぐに検索できます。

インストールしたら「Weather」などのフォルダを作ってまとめておくとよいでしょう。



自宅や職場の天気を登録

インストールが済んだら設定を行います。

設定は主に、
1)地域の登登録

2)通知の選択
です。

地域の登録はアプリ右上の設定アイコンから行います。
一番上にある「地域登録」をタップします。

現在地の天気を表示と地域の追加が出来ます。

自宅や職場よく行く地域、恋人や家族のお住まいなど。
ライフスタイルに合わあせて、地区を登録しておくとよいでしょう。



通知の設定

通知の選択も併せて行いましょう。
「天気の通知」「雨の通知」「災害の通知」があります。

万が一に備えて「災害の通知」はすべて設定しておくことをおすすめします。

天気の通知
オンオフを選択します。(青がオンです)

天気の通知をしてほしい地域を選択します。
登録した地域から選択できるようになっています。

時間の設定
通知をしてほしい時間を設定します。
設定した時間(多少前後します)に毎日の天気が通知されます。

曜日の設定
通知をしてほしい曜日も設定できます。
土日が休みで通知が不要、などといった場合は曜日別に設定しておきます。

内容の選択
今日の天気もしくは、明日の天気のいづれかを選択できます。

以上で設定は完了です。
あとは、毎日の天気や雨フルコールが雨の降り始めを教えてくれます。
ご利用して頂く地区の天気予報が外れないことを祈っています。

最初の画像に天気予報系アプリのアイコンがありますので、気になるアプリがあれば併せて使ってみてください。
Weather Liveはインタフェースも綺麗です。
(広告が邪魔なのが玉にキズですが)

LINE天気
アプリのインストールはこちらから(App Store)

LINE公式サイトはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です