iPhoneに入れておきたい5つのSNSアプリ 2015年



iPhoneを使ってみてSNSが好きな方は、ぜひ色々なSNSサービスやアプリを使ってみてください。
先程ご紹介した「iPhoneに入れておきたい5つのSNSアプリ」と併用しても楽しめますし、複数のSNSを併用することで相乗効果も生まれます。

最近(2015年前後)人気が出てきているSNSを追加で5つご紹介します。

個人的な感想ですが、機能を絞り込んだSNSサービスが今年は拡がるような気がしています。
例:転職(就職)やビジネスに特化しているLinkedIn(リンクトイン)、読んだ文字が消えてしまうSnapChat(スナップチャット)、6秒間動画のVine(ヴァイン)

iPhoneに入れておきたい5つのSNSアプリ【2015年版】

ご紹介するアプリは下記の5つです。
「Pinterest(ピンタレスト)」
「Snapchat(スナップチャット)」
「WhatsApp(ワッツアップ)」
「LinkedIn(リンクトイン)」
「Vine(ヴァイン) 」

Pinterest(ピンタレスト)
pinterest
ユーザー数 ・世界のユーザー数は5330万人
・ユーザー比率は、女性:男性→8:2と女性が多く利用しています。
特徴 ・お気に入りの画像を保存して(Pinすると言います)コレクションする事ができます。
・PINした画像をボード(フォルダ)ごとに管理して見せ合うことのできるサービスです。
おすすめのポイント ・ボードで画像が管理できるのでテーマごとに画像をコレクション出来ます。
・ユーザーではなくボード単位でフォロー出来ます。
・インスタグラムとは違った楽しみ方ができると思います。
(写真中心のSNSが好きな方に特におすすめします)
Snapchat(スナップチャット)
snapchat
ユーザー数 ・世界のMAUは3000万人
特徴 ・最大の特徴は送信したメッセージが10秒以内に消えてしまいます。
・米国を中心に若者の間で爆発的な人気です
おすすめのポイント ・メッセージ消えるという、他のSNSに無い特徴があります。
・↑の特徴を利用した様々な利用法があると思います。
・日本語対応すれば、日本の若者の間でも大人気になりそうなので今のうちに。
WhatsApp(ワッツアップ)
whatsapp
ユーザー数 ・世界中のユーザー数(MAU)は4億人以上
・世界最大登録者数のメッセンジャーアプリ
特徴 ・欧米を中心に一番普及しているSNSアプリです。
・メッセージ専用アプリです。
・音声通話機能はありません。
・2年目以降99セント/年がかかります(初年度は無料)
おすすめのポイント ・LINEによく似ているので英語ですが使いやすいです。
・海外では圧倒的な認知度のため、海外に行く機会が多い方におすすめです。
・スタンプ等がないので、スタンプが嫌いな硬派な方にも良いと思います。


LinkedIn(リンクトイン)
linkedin
ユーザー数 ・世界のユーザー数は2億5900万人
特徴 ・ビジネスに特化したSNSです。
・仕事中心のプロフィール管理や自己紹介ツールとして使えます。
・海外では転職にも利用され始めています。
おすすめのポイント ・ビジネスでSNSを利用している方は今後必須アプリとなります。
・名刺交換などと一緒にFacebookを利用している方は、こちらも登録しておくと良いと思います。
・英語が得意であれば、英語での登録が効果的です。
Vine(ヴァイン)
vine
ユーザー数 ・世界のユーザー数は4000万人
特徴 ・6秒間動画投稿型のSNS
・日本ではまだ普及期の段階
・若い世代に人気
おすすめのポイント ・6秒間という短さがお手軽
・日常をアップするユーザーが多い
・今後YouTuberのようにVineで人気を博することも。

『iPhoneに入れておきたい5つのSNSアプリ』にて、iPhone購入したら使いたい基礎的なSNSアプリもご紹介しております。
まだ利用していないSNSがあれば、ぜひこちらも試してみてください。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です