着信音・通知音の設定 / オリジナルバイブレーションパターンを作成する方法



iPhoneでは、着信音や通知音も簡単に設定・変更できます。
設定アプリから、サウンドをタップすると細かい設定を行うことが出来ます。

着信音と通知音だけでなく、ロック音やキーボード音など細かく設定できるので順に解説していきます。

バイブレーション/着信音と通知音

バイブレーション

基本的なことですが、バイブレーションとはiPhoneが振動をすることをさします。

vibrationとは!?
1)ふるえること。振動。
2)声楽・器楽で、声や音を震わせること。

スマートフォンや携帯電話では(1)の意味として使われます。

iPhoneはマナーモード設定時、バイブレーションで通知を知らせてくれます。
マナーモード時のバイブレーションも、細かく設定ができるようになっています。
マナーモードの切り替え方法についてはこちら

「着信音あり」「着信音なし」で、それぞれバイブレーションするかを選べます。
着信音ありをオン(緑の状態)にすると、着信音がなっている時本体が振動します。
オフにすると、着信中は振動しません。

「着信音なし」をオンにすると、マナーモードの際に本体が振動します。
こちらをオフにすると、着信してもディスプレイに表示されるだけになります。
振動音がでることすらNGな場面では使えるかもしれませんが、それ以外ではあまり効果的ではありません。

着信音と通知音

本体横の音量ボタンで、着信音や通知音のボリュームを調整できるように設定できます。
デフォルトでは、オンの状態になっています。
こちらをオフにすると、本体の音量ボタンを押しても着信音と通知音は変更できなくなります。

音楽の音量や動画の再生音は、本体のボタンを使って調整できますが着信音などが変更できない設定になります。

0037_2


サウンドとバイブレーションのパターン

着信音・メッセージ・新着メールなどのBGMや通知音の種類

及び、バイブレーションのパターンを設定することができます。

IOS8から新規で増えた27種類と、それ以前で使えていたクラシックタイプの25種の
合計52種類からサウンドを選ぶことが出来ます。

0037_3 0037_4

バイブレーションパターンは、SOS・クイック・スタッカートなど7種類から選択できます。
気に入ったバイブレーションが無ければ、自分で作る事ができます。

タップして簡単に作れるので、ぜひオリジナルバイブを作ってみてください。
わたしは、設定している着信音にあわせてオリジナルを作ってみました。

着信音以外にも、iPhoneから流れる様々な場面での音をすべて設定できます。
お好みに合わせて設定してみてください。

0037_5


ロック時の音、キーボードのクリック

iPhoneをロックする時の「カシャッ」という音と、キーボードをタイプする際の音も設定できます。
この2つの音については、オンオフ設定のみです。
音がでるのがお好きでない方は、オフ設定しておいてください。

着信音と効果音を購入する

着信音と効果音は、iTunesStoreで購入できます。

トップページの着信音からタップ
画面下のタブから、その他 > Tones
のいづれかで着信音購入画面に移動できます。

0037_6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です