キーボードのショートカット機能活用術



iPhoneには、ショートカットを登録する機能があります。
今回は、こちらの機能を使ってちょっとした入力の手間と時間を削減する方法をご紹介します。

iPhoneを使って頻繁に入力する、文章や言葉は登録しておいて間違いありません。
ご自身のメールアドレスや、ツイッターでよく使うタグなどで試してみてください。


設定アプリの、「一般」から「キーボード」を選択します。
上から2番目の、「ショートカット」をタップします。

0028_1

現在登録されているショートカット一覧が表示されます。
右上のプラスアイコンをタップして登録します。

0028_2

「フレーズ」と「ショートカット」の欄があります。
ショートカットに登録している内容をタイプすると、フレーズに登録した言葉が変換候補として現れるようになります。
フレーズとショートカットに入力が済んだら、右上の保存をタップします。
例えばフレーズに「#iphone」と登録し、ショートカットに「##」と設定しておくとツイッターなどで#を2回タップするだけて簡単にタグを付けることができます。
同じように「@@」でメールアドレスを出現させたりもできるので、メールアドレスを毎回毎回入力する手間が省けます。

0028_3 0028_5


特にiPhoneを購入したばかりの時は、サービスの登録などに頻繁にメールアドレスを入力する機会があるので便利です。
複数のメールアドレスを使い分けている方も多いと思うので、「@@」「@@@」「@@@@」くらいまで登録しておくと良いと思います。
@@はGmail、@@@はキャリアメール、@@@@はビジネス用…など。

ビジネスでもiPhoneを使う方は、併せてビジネス文書も登録しておくとかなりの効率化につながります。
基本的な「よろ」→「よろしくお願いいたします。」や「いつおせ」→「いつもお世話になっております。」
だけでなく、
「ごぶさ」→「ご無沙汰しております。〇〇(会社名)の田中でございます。」
「ごたぼう」→「ご多忙の中で大変恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。」なども変換で出るようにすると良いでしょう。

上級者となると「タイプミス」や「誤ってアルファベットで入力」してしまった場合でも、そのまま突っ走れるように設定しておけば完璧です。

▼▼登録例▼▼

0028_4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です