iPhoneアプリの使い方



iPhone操作の基本となるのがホーム画面と各アプリケーション(アプリ)です。
iPhoneで何かを行う場合は、目的に応じたアプリを起動して操作を行います。
Webを使ってホームページのを見たい場合は、Safariを起動してウェブサイトにアクセスします。
写真を撮影する場合もカメラアプリを使い、写真を撮ります。
基本的な操作方法としては、すべてホーム画面からそれぞれのアプリを使うので何かiPhoneで行いたい場合はホームボタンを押してホーム画面に戻るクセをつけていきましょう。

早速、iPhoneの天気アプリを使って簡単な説明をさせて頂きます。
0007_1

アプリケーション(アプリ)の起動

天気が気になった場合は、iPhoneのホーム画面から天気アプリを探してアイコンをタップしてください。
すぐにアプリ起動します。あとはアプリごとの基礎操作にしたがい機能を利用していきます。

アイコンをタップする

アプリが起動する


基本的にアプリはこの流れで使います。
ホーム画面にはこうしたアイコンが綺麗に並んでおり、使いたいアプリをタップすることで様々な機能を利用することがでます。
またアプリは、Appleの運営するApp Storeで購入(無料もあります)することが出来iPhoneを自分の好みにカスタマイズしていくことが出来ます。
アプリ使用中は、ホームボタンを押すことでいつでもホーム画面に戻ることができます。
他の作業がしたい際は、ホームボタンで一度ホーム画面にもどり別のアイコンをタップすると新しいアプリが起動します。

0007_2


ホーム画面上の様々アイコンの意味

ホーム画面には、アイコン以外にも電波状況、時刻、バッテリー残量、Wi-Fi接続状況などひと目で把握できるアイコンも表示されています。
これらのアイコンを知ることで、iPhoneの状態をひと目で確認することが出来るようになります。
0007_3

iPhoneアプリのマルチタスク機能

iPhoneは非常に高機能なので、複数のアプリを同時に使うことができます。
例えば、Webで閲覧しているURLをメモアプリにコピーしたり、音楽を聞きながら地図アプリで目的地に向かうことが出来ます。
ホームボタンを素早く2回押して左右にフリックすることで、簡単にアプリを切り替えることができます。
ぜひ様々な使い方を試してみてください。

0007_4


iPhoneアプリを終了するには!?

アプリを使用する際に注意したい点は、必要以上にアプリを起動しすぎないことです。
iPhoneは非常に高機能なので、沢山のアプリを起動してもフリーズ(画面が固まって動かなくなること)することはほとんどありません。
しかし必要以上に複数のアプリを使っていると、充電の減りが早まってしまたりするなど必要以上にiPhoneに負荷を加えてしまいます。
こまめに使わないアプリは終了するクセを付けましょう。
良い習慣は、より良いiPhoneライフにつながります。

iPhoneアプリを終了方法
ホーム画面を素早く2回押す
左右にフリックして使わないアプリを表示
下から上にフリックしてアプリを終了する
0007_5

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です