iPhone 各部名称と説明

iphone-button


iPhoneはボタンが少なく非常にシンプルなつくりになっています。

使用頻度の高いホームボタン(ディスプレイ下)以外は、

スリープ/スリープ解除ボタン、音量調整ボタン、マナーモードスイッチしかありません。

それ以外は、いくつかのセンサーとイヤホンジャック・充電用のコネクタ程度です。

解説にはiPhone6の画像を使用しておりますが、iPhone5以前もほとんど同じつくりです。

iPhone5以前のモデルは、スリープ/スリープ解除ボタンが本体上部にあります。

iPhone本体 前面/Front

0004_2

Facetime HDカメラ

約120万画素の静止画、ハイビジョン動画を撮影することができるカメラです。

環境光センサー

周辺の明るさを感知し、画面の照度を調整してくれるセンサーです。

レシーバー/前面マイク

通話時に相手の声がここから聞こえます。

ハンズフリー通話モードではマイクとして機能します。

マルチタッチディスプレイ

超高精細のiPhoneディスプレイです。

コーニング社のゴリラガラスという、とても強度の高いガラスが使われています。

コーニング社 ゴリラガラス
ゴリラガラスはコーニング社によって開発された特殊ガラスの名称である。その後改良され、ゴリラガラス2、ゴリラガラス3へと進化している。アルカリアルミノケイ酸塩の素材を使用しており、高い透明度と強度を誇っている。特に強度はプラスチックの数十倍と言われ、衝撃や傷に耐えることが可能である。

ビッカース硬さでは622から701の間である。
弱点は、砂埃である。グラウンド等が近くにある学校関係者のゴリラガラスは傷つきやすいので、表面に保護シート等を貼る必要がある。

主な製品としてスマートフォンやタブレットにゴリラガラスが採用されており、2010年には世界の携帯電話のうち約20%、約2億台に採用されている。

【端末ごとの解像度】

iPhone6…1334×750pixel

iPhone6Plus…1920×1080pixel

iPhone5S…1136×640pixel

ホームボタン

iPhone使用中に押すと、ホーム画面に戻ります。

Touch IDセンサーによる指紋認証も可能になっています。



iPhone本体 背面/Back

0004_3

True Toneフラッシュ

色温度の違う2色のLEDが使われています。

iPhone5sに引き続き採用されているフラッシュで自然な色合いに照らしてくれるのが特徴です。

iPhone5sにくらべるとやや大型化しています。

iSightカメラ

iPhone背面のカメラの呼称です。

約800万画素の静止画とハイビジョン動画を撮影することができます。

今回のiPhoneも非常に綺麗な写真を撮ることができます。

ご存知の方も多いと思いますが、iPhoneは背面がメインカメラとなります。綺麗な写真を撮影したい場合は必ずこちらを使用しましょう。

背面マイク

通話を行う際の(背景音)ノイズキャンセリングのために用いられるマイクです。

Appleロゴ

iPhone 5s/5cまでのiPhoneは、アップルロゴが背面カバーに直接プリント(もしくは刻印されて)いました。

iPhone6では、初代iPhone以来7年ぶりに埋込型になっているそうです。

また、キズがつきにくい加工も施されているらしいです。

ケースをつけないで使用する際はありがたいですね。

個体情報

Designed by Apple in Californiaが刻まれていることで有名です。

またモデルやIMEIもこちらに刻印されています。(IMEIについては別項をご参照ください)



iPhone本体 左側面/右側面

0004_4

マナースイッチ

左にスライド→消音(オレンジのLINEが見える状態)

右にスライド→解除

アラームとカメラのシャッター音は、マナー状態でも鳴りますのでご注意ください。

音量調整ボタン

上がボリュームアップ

下がボリュームダウン

また、ボリュームアップボタンは、カメラ起動時はシャッターボタンとして機能します。

個人的には、こっちでシャッターを押す人をiPhone通と感じます。

電源オン/オフ、スリープボタン

押すとスリープ/スリープ解除

長押しすると電源オン/オフができます。

SIMトレー

付属のピンでSIMトレーを押し出すことができます。

そーっと押し出すような感覚でピンを使用してください。

iPhone本体 上部/下部

0004_5

カメラのデッパリ

iPhone6から電源ボタンが側面に移動したので、上部はスッキリしました。(カメラのデッパリは今でも気になりますが…)

ちなみに、電源ボタンが移動したのはNFCのアンテナが上部に配置されているからだそうです。

iPhone6sや7では、何よりこのカメラのデッパリがなくなっていることを願いうばかりです笑

ヘッドセットコネクタ

イヤフォンやヘッドフォン用の端子です。

他にもSquareなどの決済端末も、イヤフォンジャックからアクセスします。

底面マイク

主に通話時に使用されるマイクです。iPhone6から開口部がひとつになりよりシンプルになりました。

Lightningコネクタ

iPhone5シリーズから採用されたLightningケーブル用の端子です。

裏表なく気軽に差し込めます。

内臓スピーカー

イヤフォンを付けずに音楽を流すとこちらから音が流れます。

動画再生/音楽再生/テレビ電話時のスピーカーです。

 

その他付属品情報

0004_6

その他iPhoneには、

『Apple EarPods with Remote and Mic』『Lightning USBケーブル』『Apple 5W USB電源アダプタ』が付属します。

純正品もしくは、Apple認定マーク(別項参照)の付いた周辺機器の使用を推奨します。

上記以外は粗悪品も多いので、せっかくのiPhoneのバッテリー寿命などを縮めてしまう可能性があります。

おすすめアイテム | やっぱりケースは純正派です!

アップル(Apple) iPhone 6 レザーケース-ブラック Apple純正
アップル
売り上げランキング: 277,051

iphone-button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です